ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑


    中国人(ちゅうごくじん)とは、ユーラシア大陸東部に存在する地域としての中華圏、またはそれに根ざした国家、民族などにまつわる多数の意味を持つ広範な概念上の呼称であり、さまざまな場所、あるいは立場上により全て異なる概念になることがある。 地理的概念による中国人中国において出生、または居住する人間。
    3キロバイト (444 語) - 2020年5月11日 (月) 08:33



    (出典 www.swissinfo.ch)


    ちょっとまだ来てほしくないなー。
    爆買いは有難いかもしれんけど。

    1 ジェット ★ :2020/05/27(水) 21:49:02.96

    ソース記事に動画あり

     観光地からは期待と不安、両方の声が上がっています。日本での緊急事態宣言の解除を受け、中国で早くも日本への旅行の解禁を待ち望む動きが出てきています。

     北京で大阪を中心に主に中国人向けの民泊を扱う会社を経営している韓哲さん。会社は1月後半から休業状態。本社を訪れたのは約4カ月ぶりのことです。売り上げは80%減。社員の給料を下げるなどして、しのいでいるといいます。それだけに、日本の緊急事態宣言の解除を喜んでいます。
     「在川」・韓哲社長:「今年の夏休みには経営状態が元に戻ってくれれば、皆がうれしいです」
     今、中国では“リベンジ旅行”という新しい言葉が流行っているといいます。「我慢していた分、思いっきり旅行するぞ」といった意味です。中国のSNSには、「早く日本で爆買いしたい」「日本で温泉に入りたいよ」「浴衣を着て花火を見たいわ」などの書き込みがあります。
     ただし、日本政府は水際対策の強化として入国拒否の措置を取っている100の国と地域に新たに11カ国を加え、また、全世界を対象にした入国規制の措置を6月末まで延長することを決めています。
     一方で、日本でも中国人観光客が戻ることに期待する声が聞かれます。

    (略)

    以下ソース

    テレ朝NEWS
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000184816.html


    前スレ
    【新型コロナ】中国「爆買いしたい」日本で“リベンジ旅行”望む声★2 [ジェット★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1590573495/


    【リベンジ旅行?中国人「早く爆買いしたい」】の続きを読む



    (出典 unknownvideo.info)


    ここ最近いっきに顔見るようになりました。
    テレビより儲かる?面白ろかったらいいけど。

    1 ミドルキック(東京都) [ニダ] :2020/05/26(火) 13:41:13.19


    昨今増え続けている芸能人ユーチューバー。最近では狩野英孝や江頭2:50、宮迫博之に今田耕司までユーチューバーになっている。
    YouTubeに関するデータを日々調査している株式会社エビリーが興味深い調査結果を報告した。

    同社の『kamui tracker』のデータにて調査した結果、2017年1月~2020年3月までの芸能人ユーチューバーは1.6倍に増えているという。

    「有名人」に分類されるチャンネルのうち、チャンネル登録者数が1万人以上のチャンネルは2020年5月時点で1,178件と、
    前年同月と比べて56%増加。

    今後も有名人YouTuberについてさまざまな観点で調査していきます!

    ここで言う芸能人ユーチューバーとは俳優、モデル、芸人、声優、政治家、スポーツ選手、ミュージシャンなどが含まれる。

    ただ2020年3月までの集計なので、緊急事態宣言以降に急激に増えた芸能人ユーチューバーは含まれていない。

    https://gogotsu.com/archives/57395

    (出典 gogotsu.com)



    (出典 jprime.ismcdn.jp)


    【芸能人 ゆうちゅうぶに進出し過ぎ!!】の続きを読む


    マスクである。陽圧法のマスクと陰圧法のマスクがあり、陰圧法のマスクには排気弁が付いている。あくまでも作業用であり長時間装着しての使用には向いていない。 米国には米国労働安全研究所(NIOSH)が認定するN95マスクがあり製品には認証番号が付けられている。このN95マスク
    43キロバイト (5,116 語) - 2020年5月22日 (金) 09:50



    (出典 res.fashionsnap.com)


    マスクで商売しようと人たち
    今頃余っちゃって赤字覚悟かぁ。うまい事いかんです。

    1 Toy Soldiers ★ :2020/05/27(水) 17:45:52.50

     品薄が続いていたマスクが徐々に店頭に戻ってきた。大手のスーパーやコンビニで見かける機会も増えてきた。4月に異業種が続々と販売に乗りだし、マスクビジネスが活況だった繁華街はどうなっているのか。5月下旬、1カ月ぶりに町を歩いた。

    ■半値以下でも買う人いない

     まず東京・大久保に向かった。先月はマスクを求めて人だかりができていた香辛料店。相変わらず店先にマスクが山積みにされていたが、違うのはその値段だ。50枚で1300円。1カ月前は3500円前後だった。半値以下だ。
    だが、そのマスクを買う人はいないようだった。隣には前回も見かけたデザインの箱入りで、2500円で売られている。
    男性店員は「早い時期に仕入れたものは仕入れ値が高かったから、これ以上は下げられない。赤字で売ることもある」とこぼす。

     大通りに出ると1カ月前と変わらず、タピオカドリンクの店や中華料理店、化粧品店などで売っていた。値段は50枚で2千~3千円と、先月より1千~1500円ほど安い。ただ、ここでも買い求める人はあまりいない。
    「最終在庫セール」などと銘打って売る店も多い。韓国コスメを扱う店の男性店員によると、5月に入ってほとんど売れなくなったという。この店員は「緊急事態宣言が解除されたら、もう終わり。在庫は従業員で使います」と漏らす。

    https://www.asahi.com/articles/ASN5V671HN5VULFA00N.html


    【「在庫は従業員で使います」もうマスクは足りてるのね】の続きを読む

    このページのトップヘ