ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: > 医療


    8%が精神病体験をしている。 伝統的な分類では、精神病(psychoses)と神経症(neuroses)とに分類されてきたが、このような旧来の分類は不正確な診断をもたらし、より正確な診断を行うために分類が発達してきた。この意味では、精神病とは様々な精神
    28キロバイト (3,809 語) - 2020年8月8日 (土) 03:03



    (出典 asset.bengo4.com)


    誰が悪いか分かんないけど
    家族はどーなってんの

    1 樽悶 ★ :2020/09/30(水) 23:53:31.65

    統合失調症で、通算して約40年もの間、精神科病院に長期入院してきた伊藤時男さん(69才)が9月30日、国を相手取り、損害賠償を求めて東京地裁に裁判を起こした。

    地域社会での生活の自由や、人間としての尊厳を奪われたとして、慰謝料3000万円を請求するもの。

    提訴後、伊藤さんや「精神医療国家賠償請求訴訟研究会」、代理人弁護士らが会見した。

    ●外に出られたのは「東日本大震災」のおかげ

    「(院外作業で)養鶏場や(院内作業で)病院の厨房で働いた。長年働いたおかげかボケはしなかったし、体は丈夫でした」

    会見では、ときおり、ユーモアをまじえて支援者らを笑わせる余裕もあった。伊藤さんは現在、障害年金をもらいながら、群馬県で暮らしている。しかし、平穏な暮らしを得るまでには気の遠くなるような年月があった。

    訴状などによると、伊藤さんは統合失調症(当時は「分裂病」と呼ばれていた)と診断され、1968年に初めて入院した(医療保護入院)。その後、1973年9月から2011年3月まで福島県の病院で約39年間も入院を余儀なくされた(2003年から任意入院に)。

    退院を希望してきたが、叶うことはなかった。外に出られたきっかけは東日本大震災だった。福島県にある病院は閉鎖され、別の病院に移ったところ、2012年10月に退院することができた。

    ●国の政策を問う

    代理人の長谷川敬祐弁護士は「私自身、入院を1カ月してと言われたら、耐えられません。発狂します。それを隣の伊藤さんは、40年してきました。国の政策に問題があったのではないかという考えのもと、提訴をしています」と経緯を説明する。

    長期入院を前提とした政策を放置していることが、憲法に違反しているとして、国(厚生大臣、厚生労働大臣)の違法性を問うものだ。

    ●「施設症」という病

    長期入院がおそろしいのは、退院の思いが次第に削がれていくことだという。伊藤さんは「施設症」という言葉を会見でたびたび使った。

    社会と隔絶され続けることで、社会とのつながりを閉ざされ、また、つながりを作る助けが得られず、無気力状態になることだという。

    「長期入院で、病院(の生活)がいいと考えちゃって、退院しても何も生活できないと思うようになって、施設症に陥っている患者さんがいっぱいいます。私も、俺なんて車の免許も持ってないし、全然何もできない。社会に出ても何もできない。どうしよう一生出られないと諦めてました。私が裁判を起こすきっかけでもありますが、施設症になって、退院を拒んでいる人たちがいっぱいいます。それではダメと思って原告になりました。国に訴えたいのは、施設症を作っている病院がいっぱいあるので、なくしてほしいです」

    ●失われた40年、飛び降りも覚悟したが

    入院が始まったのは16~17才ころ。終わったのは61才だった。

    その間、入院患者の仲間たちの多くが自死を選んでいくのを目にしてきた。

    「耐えかねて、自殺した人、何人も見てきました。首吊りした人。常磐線に飛び込んで自殺した女の人。何人も見てきました。たまらなくつらくて、こんな思いするなら、国に訴えたいと思って、今ここにいるわけです」

    伊藤さんも同じような瀬戸際に追い込まれたが、踏みとどまった。

    「入院していてた時、死ぬ気になって、二段ベッドから真っ逆さまに飛び降りしようと思ったけど、死神は取り憑かなかった。結局は勇気がなくてできなかった」

    伊藤さんは、結婚もしたかったと話す。「今は彼女がいますけど、結婚まではなかなかできません。病院に入ったら何もできなくて、自由もない。男女関係のこともうるさい」と話す。

    子を持つことも、夢だったという。

    ●根強い差別

    訴訟研究会の代表を務める精神福祉士の東谷幸政さんはこう語る。「差別が根強い。25年間の長期入院をしていたかたが、退院を希望し、私はその手続きを進めていました。家族がやってきて、私に1000万円の札束を見せて、出さないでくれと言ってきたことがあった」

    札束を突き返して、退院させたが、社会の偏見に家族がさらされている現実があった。

    「裁判を通じて、我が国に精神医療の実態を知ってほしい」

    (続きはソース)

    9/30(水) 18:43配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200930-00011793-bengocom-soci

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【驚愕】精神科病院に40年入院……69歳の男性‟国を提訴”】の続きを読む


    is/658280292389405793  ^ “新型コロナの開発中ワクチン、有効性を確認”. 福井新聞 (2020年5月19日). 2020年5月26日閲覧。 ^ 新型コロナ、最初のワクチンは感染防がない可能性-重症化防止に重点(2020年6月15日) ^ 新型コロナワクチンが高齢者に効きにくい可能性(NATIONAL
    305キロバイト (38,391 語) - 2020年9月28日 (月) 16:15



    (出典 ten-navi-prd-cms-img-481565300627.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com)


    無料は有難い
    早く元に戻ればいいな

    1 孤高の旅人 ★ :2020/09/30(水) 17:57:19.07

    コロナワクチン無料接種へ 全国民対象、国費6700億円超 政府方針
    9/30(水) 16:39配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/2138af1f35a286d64c663f2167d1fff5ee39bead

     政府は30日、国内外で開発が進む新型コロナウイルスワクチンに関し、接種で自己負担を求めず全国民を無料とする方針を固めた。

     来年前半までの確保を目指し、費用は全額国費で負担。関連費用は今年度補正予算の予備費6700億円超を充てる。来週にも厚生労働省の審議会で無料化方針を示す。

     複数の政府関係者が明らかにした。

     政府がワクチン接種の無料化に踏み切るのは、当面の国民の自己負担をなくすことで速やかな接種を促すためだ。冬にかけて予想されるインフルエンザとの同時流行などに備える狙いもある。

     ワクチン開発は現在、米英が先行。政府は製薬大手の米ファイザーや英アストラゼネカとの間でワクチン供給を受けることで基本合意済みだ。予備費支出は9月8日に閣議決定している。政府はワクチン開発が順調に進み、年末以降に接種が開始できることも念頭に必要な体制整備を進めている。

     一方、コロナワクチンの接種をめぐっては、インフルエンザワクチンのように生涯にわたる免疫を獲得できない可能性も指摘される。このため、政府は来年度予算案で、さらなるワクチン確保に向けた費用を計上する方向だ。その際の自己負担などの在り方については別途、検討する。


    【【朗報】全国民 コロナワクチン無料接種へ!!】の続きを読む


    ベッキー(1984年3月6日 - )は、日本のタレント、女優、歌手である。歌手活動時の名義は「ベッキー♪♯」である。 神奈川県川崎市出身。亜細亜大学経営学部卒業。サンミュージックプロダクション所属。AB型。夫は元プロ野球選手でプロ野球指導者の片岡治大。 14歳の時に参加した下着モデルのオーディショ
    40キロバイト (4,067 語) - 2020年7月30日 (木) 23:05



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    そうなのかもが
    大多数いそう

    1 muffin ★ :2020/09/23(水) 01:03:55.16 ID:CAP_USER9.net

    https://japan.techinsight.jp/2020/09/maki09211644.html
    2020.09.22

    お笑い芸人の田村淳(ロンドンブーツ1号2号)やタレントの最上もが(元でんぱ組.inc)がSNSやブログでHSP(Highly Sensitive Person)であることを公言して以降、メディアでも「HSP」を話題にすることが増えた。そんななかタレントのベッキーがTwitterで「HSPだ。わたしも」と気づいたことを明かして反響を呼んでいる。

    9月20日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』で、「場の空気を読みすぎて疲れきってしまう」ような生まれつき感受性が強く敏感な気質を持つHSPが4人~5人に1人の割合で該当すると話題にした。

    ゲスト出演した田村淳は、自身を見つめて「いろんなことに敏感に反応してしまう」、「気づかないうちに人の顔色を常に見ている」、「潔癖症と言われるがそうでない部分もあるしどうなのか?」と気になっていたところ、HSP専門カウンセラー・武田友紀さんが書いた『「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本』でHSPという言葉に出会い「自分が気になることだけずっと気になっちゃう」気質なのだと知って楽になったという。

    また「HSP診断テスト」(監修:関西大学 串崎真志教授)で、11項目のうちいくつ該当するかによりHSPの傾向を診断する一幕もあった。すると『ワイドナショー』放送のタイミングでベッキーがTwitterに「HSPだ。わたしも」とつぶやいたところ、フォロワーから「私もです。なんだか自分自身を納得できました」、「私もどうやらHSPみたいです 11項目全て当てはまりました」と共感する声が寄せられたのである。

    ベッキーは21日、「今日、朝から、脳内でワアーーーーってある事が気になっちゃったんだけど『いや、HSPだからだよ。本来は大したことない出来事なのかも!』って言い聞かせたら、スッと楽になった」、「知ることができてよかった」と明かしており、田村淳が救われた時と似たような感覚があったようだ。

    ちなみに『ワイドナショー』では「HSP診断テスト」を見て松本人志が「めっちゃ当てはまる」と深刻そうにこぼす一方、平気な顔で「全く何も当てはまらない」という指原莉乃は「だからこそ、自分が知らないうちにHSPの人を苦しめているのかも」と懸念した。

    HSP診断テスト
    1. 一度にたくさんのことが起こっていると不快になる
    2. 忙しい日々が続くとベッドや暗くした部屋などプライバシーが得られ、刺激が少ない場所に逃げ込みたくなる
    3. 明るい光や強いにおい、ごわごわした布地、近くのサイレンの音などにゾッとしやすい
    4. 短時間にしなければならないことが多いとオロオロする
    5. 生活に変化があると混乱する
    6. 大きな音や雑然とした光景のような強い刺激が煩わしい(面倒で気が重い)
    7. 他人の気分に左右される
    8. 大きな音で不快になる
    9. 一度にたくさんのことを頼まれるとイライラする
    10. 色々なことが自分の周りで起きていると不快な気分が高まる
    11. 競争場面や見られていると緊張や動揺のあまり、いつもの力を発揮できなくなる


    (出典 ddnavi.com)



    (出典 e-talentbank.co.jp)



    (出典 img.sirabee.com)


    【【話題】ロンブー淳 最上もが ベッキーも 『HSP』とは!?】の続きを読む


    インフルエンザ(イタリア語: influenza、ラテン語: influentia)とはインフルエンザウイルス急性感染症。上気道炎症状・呼吸器疾患などを呈する。流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)略して流感(りゅうかん)とも呼ばれる。日本語ではインフル、英語ではfluと略されることも多い。
    82キロバイト (11,029 語) - 2020年9月5日 (土) 13:44



    (出典 www.home-ally.jp)


    これだけ徹底してたら
    だいぶ何でも防げそう

    1 ばーど ★ :2020/09/22(火) 07:27:07.13

    インフルエンザの患者数が例年に比べ、異例の低水準になっている。厚生労働省によると、今月13日までの2週間に報告例はわずか7人で、昨シーズンの1000分の1未満、例年の100分の1ほどだ。同省は、手洗いやマスク着用の徹底など、新型コロナウイルスの感染防止策が背景にあるとみている。
     
    厚労省は例年、9月に入ると、全国約5000の医療機関から報告があった患者数を集計して公表している。今季は9月第1週(8月31日~9月6日)が3人、第2週(7~13日)は4人だった。内訳は千葉県が2人で、岐阜、京都、大阪、兵庫、沖縄の5府県が各1人。
     
    一方、昨年の9月第1、2週は、沖縄で大流行が起きていたこともあり、それぞれ3813人、5738人で計9551人に上った。同期間の患者数は例年数百~2000人ほどで推移し、今季の少なさが際立つ。
     
    要因について、厚労省幹部は「衛生意識の高まりが大きい」と分析する。昨季(昨年9月~今年4月)の累計患者数は推計で前季比4割減の約729万人だったが、これは、今年1月に国内で新型コロナ患者が初めて確認され、感染防止策が広がったことによるとみられるという。
     
    また、新型コロナ対策の入国制限による訪日客らの大幅減少も考えられる。特に、インフルエンザが流行する冬季に当たる南半球からの入国者が少ないことが大きいという。
     
    ただ、インフルエンザは通常、11~12月に流行入りし、1~2月にピークを迎えるため、現時点での流行予測は困難だ。同幹部は「患者数が少ないが、油断は絶対に禁物。特に今季は新型コロナとの同時流行が懸念されており、例年以上に手洗いなどを徹底してほしい」と話している。

    2020年09月22日07時08分
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2020092100353&g=soc

    (出典 www.jiji.com)


    【【朗報】手洗い徹底!! ‟インフルエンザ”例年の1000分の1に】の続きを読む


    強迫性障害(きょうはくせいしょうがい、英: Obsessive–compulsive disorder , OCD)は、不合理な行為や思考を自分の意に反して反復してしまう精神障害の一種である。1994年以前は強迫神経症の診断名であった。同じ行為を繰り返してしまう「強迫
    39キロバイト (5,766 語) - 2020年8月31日 (月) 23:51



    (出典 mental-naturally.com)


    けっこう重症ですね
    生活することが大変そう

    1 かわる ★ :2020/09/17(木) 21:11:17.88

     新型コロナのおかげで休みになっていた学校が、この7月あたりからようやく始まった。しかし、17歳の娘は、学校のトイレを使えなかった。

     便座にちょっとでも体の一部が触れただけで、身に着けているすべてが汚れたと思え、排泄を必死でこらえて帰宅する。玄関の取っ手をティッシュで覆いひねる。中に入ると、衣服を素早く脱ぎ捨てて、トイレに入り、風呂場に駆け込む。新しい下着を母親に持ってこさせる。

     そのあと学校に着ていった制服をほかに触れないように部屋の隅に下げ、カバンの中の携帯や教材を、アルコールで消毒する。寝る時も学校に着ていった制服にほかの物が触れないように気遣いながらベッドに入るが、気づかず触れたのではないかとの思いが頭を巡り寝付かれない。知らずに悪しきものに触れたのではと、確認作業の挙げ句に手洗いを繰り返す。宿題をやる余裕はない。睡眠不足で朝起きられない。遅刻する。

     彼女は少し神経質と思わせる娘であったが、これまではかなり成績が良かった。しかし、ここにきて格段に成績が低下しだしたのを教師はいぶかった。

     こういった些細な接触(実際に触れたかどうかわからずとも)にも過剰な不安を抱き、確認と洗浄作業をし、接触を極力避けるような行動をとる病態は強迫性障害の患者に多く認められる。

     コロナの蔓延以来、この傾向の人々は増大している様子である。触れずに生活を成り立たせるためには、非常に無駄でまわりくどい作業を要し、生活のほとんどはそれに支配され、他の生活内容は極端に貧しくなる。この病の治療は容易ではない。


    ■自然とのかかわり方を再考する契機

     例えば、近代医学の画期的成果の一つであるペニシリンの発見は、当初目覚ましい成果を上げたが、ほどなくして耐性菌が発生し、その後次々と出現した耐性菌は抗生物質全体の使用を著しく複雑化させている。

     部分的な知識で自然を把握しようとすると、より多くの手間とエネルギーを必要とする結果を招きかねない。そこで、要素還元主義ではこういった欠点を避けるために、さらに、細かい事実を寄せ集め確かめるという方法をとっている。

     ただ、それは、いたずらに細部の厳密さを求める強迫性障害の心性とあまり変わらない。結局、不必要な情報の増大を招きその削除に多大のエネルギーを必要とさせている。しかも、新型コロナウイルスはそういったことをいくら積み重ねても防げず、その隙間を縫って侵入してきた。そして、人と人との分断を図ることで、さらなる弊害を発生させようとしている。

     例えば、アフリカでは、ロックダウンがマラリアへの対応を阻害し、他の疫病への対策を遅らせ、事態をより複雑深刻化させている。

     もはや新型コロナの制圧は難しく、戦うのではなく、自然のなせる業として、共存を図るべきだという識者は少なくない。それは、自然との妥協点を探してゆくということだろう。当面はそれしかないかもしれないが、そもそも、人類は自然との付き合い方を誤ってきたといえまいか。ITを含め科学的手法で人類の繁栄は保ちうると勝手に思い込んでいたのではあるまいか。

     コロナ後に必要なことは、これまでとは異なる自然とのかかわり方ではなかろうか。それには新しい哲学が必要であるかもしれない。私はその糸口が古き東洋の知恵の中に見出せると愚考している。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/919f3d4b32376ab0ea6d9a5916f1db822dfe65ec


    【【悲痛】17歳の娘はなぜ学校のトイレを使えないのか…………】の続きを読む

    このページのトップヘ