ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: 緊急事態宣言


    “新型インフルエンザ等対策”. 内閣官房. 2020年3月2日閲覧。 “新型コロナウイルス感染症対策”. 内閣官房. 2020年5月5日閲覧。 “47都道府県の休業要請時短要請等の内容”. 農林水産省. 2020年5月5日閲覧。 “インフルエンザ”. 厚生労働省. 2020年3月2日閲覧。 新型インフルエンザ等対策特別措置法案に反対する会長声明
    45キロバイト (6,321 語) - 2020年12月25日 (金) 09:19



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    どれだけ増えてくんだ
    終わりはないのか

    1 影のたけし軍団 ★ :2021/01/04(月) 12:06:56.47

    4都県は今月11日まで、主に都市部の酒類を提供する飲食店やカラオケ店などに対し、午後10時までに閉店するよう要請している。
    だが、感染拡大に歯止めがかからず、年末にかけて感染が急増。

    東京都では、12月1日時点で444・3人だった週平均の1日あたりの感染者数が、31日時点で879・9人と倍近くに跳ね上がっていた。

    延長期間は1月末までとする案や2月上旬までとする案が検討されている。
    4都県は現在、時短に応じた事業者には1日あたり4万円の協力金を支給している。

    複数の関係者によると、前倒しに合わせて協力金は増額される見込みで、1日あたり5万円を軸に調整しているという。

    都関係者によると、都の時短前倒しは7日か8日から開始する案で調整している。
    時短が延長される12日以降は、酒類提供の有無を問わず、飲食店全般についても午後8時までに閉店を求めることも検討している。
    https://www.asahi.com/articles/ASP1373BCP13UTIL01L.html


    【【急増】4都県‟時短要請”へ 「協力金5万円」支給調整へ】の続きを読む


    大阪(おおさか、英語: Osaka)は、日本の近畿地方(関西地方)の地名、都市。 律令国では摂津国の範囲であり、近畿の経済・文化の中心地で、古くは大坂と表記し、古都・副都としての歴史を持つ。 現在の「大阪」は、近畿地方に位置する包括的地方公共団体・大阪府や、その府庁所在地であり西日本最大の都市・大阪
    21キロバイト (3,458 語) - 2020年8月21日 (金) 13:58



    (出典 www3.nhk.or.jp)


    なんで大阪はこんなに
    少し収まればいいけど

    1 ばーど ★ :2020/12/03(木) 20:20:09.98

     大阪府は3日、緊急の新型コロナウイルス対策本部会議を開き、感染急拡大で重症病床が逼迫(ひっぱく)しているとして、自粛要請の基準「大阪モデル」で非常事態を示す赤信号を初めて点灯することを決めた。2日の重症病床の使用率が63・6%に上り、赤信号点灯の基準である70%に迫ったため、判断を前倒しした。また、医療体制が逼迫しているとして、合わせて「医療非常事態宣言」を出すとした。

     会議では改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づき、府民に4~15日まで不要不急の外出を自粛するよう求めるほか、大阪市内の一部飲食店を対象とした営業時間の短縮と休業の要請を期限の11日から15日まで4日間延長することとした。

     吉村洋文知事は会議で「ここ3~4日で重症病床の使用率が10%ほど上がっている。70%に達するのはほぼ間違いない。まさに医療における非常事態だ。赤信号をつけて医療提供体制と命を何とか守る」と述べた。

    2020.12.3 19:47
    https://www.sankei.com/life/news/201203/lif2012030051-n1.html


    【〖医療非常事態宣言〗大阪府民 4~15日まで不要不急の外出を自粛】の続きを読む


    4月13日、石川県は独自の緊急事態宣言を出した。 2020年4月14日、福井県は独自の緊急事態宣言を出した。 2020年4月10日、岐阜県は独自に非常事態宣言を出した。 2020年4月10日、愛知県は独自に緊急事態宣言を出した。 2020年4月10日、三重県は独自に感染拡大阻止緊急宣言を出した。
    151キロバイト (21,049 語) - 2020年11月19日 (木) 09:13



    (出典 grapee.jp)


    飲食店さん大変だけど
    コロナ出しても大変だし

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/20(金) 00:41:28.57

    東京都の警戒レベル引き上げを受け、都内の繁華街や観光地では先行きの見えない不安やさらなる客数減を懸念する声が聞かれた。

    新橋の居酒屋「根室食堂」。19日夕方、店内のテレビでは小池百合子都知事が注意を呼びかける様子を伝えるニュース番組が流れていた。同店を経営する平山徳治さん(48)は「今日は4人の予約が1組だけ。『なるべく広い席で1時間』と言われた。先が見えない」と表情を曇らせる。この時期は例年、忘年会の予約で12月中旬まで埋まっているが、今年は一件も入っていない。「GoToイートで連日予約が増えて、かき入れ時となる年末に向けてようやくこれからというところだったので厳しい」

     JR新橋駅近くのとんかつ店「末吉」を経営する飯泉昭二さん(77)は「近隣の大企業がテレワークになったこともあって、売り上げは前年の7~5割減。夜を中心に、ぼちぼち客足も戻りつつあったが、この感染拡大でまた苦しくなる」と嘆いた。

     JR渋谷駅前。スクランブル交差点周辺は仕事帰りのサラリーマンや若者でごった返していたが、飲食店街に足を向ける人の姿はまばらだった。

     駅近くのショットバーはこの日、開店時間を過ぎた午後6時ごろになっても客はゼロ。従業員の男性は「緊急事態宣言が解けてから徐々に客足が戻ってきていたのに、今週に入ってまた減り出した。感染拡大を考えると仕方ないが……」とため息をつく。

     別のバーに勤めるアルバイトの男性(28)は「またお客さんが来なくなったら今度こそ持たない」と悲壮感を漂わせる。8月以降は少しずつ売り上げが回復してきたものの、昨年の半分にも満たないといい、「感染防止が大切なのは分かるが、もし、また自粛を求めるなら経済面での支援も忘れないでほしい」と訴えた。

     浅草寺の参道・仲見世の土産店で働く蛭田康弘さん(29)は「緊急事態宣言はもう出してほしくない」と話す。新型コロナの流行以来、人通りは激減。一時は来店客も1割以下に減ったが、徐々に店舗や来客の感染対策が浸透し、校外学習で訪れる小学生の姿も見られるようになっていたという。蛭田さんは「今の仲見世は『密』ではない。感染対策もしており、安心して買い物を楽しんでほしい」と呼びかける。

     浅草新仲見世商店街振興組合は、加盟店に消毒薬を配布するなど対策を強化してきた。大谷友孝理事長(70)は「商店街としてできることは全てやっている。来年は東京オリンピックも控えているので、早く外国人が来られるようにしてほしい」と語った。【大島祥平、李英浩、金子淳】

    https://news.yahoo.co.jp/articles/12bc1a71bd501df59868a133b28647961bd9380e

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    関連
    【東京都】警戒度を最高レベルへ どうなる忘年会シーズン…飲食店は悲鳴「たまったもんじゃない。殺す気か」 ★9 [ばーど★]
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605790940/

    ★1 2020/11/19(木) 23:18:26.31
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605795506/


    【【悲鳴】今度こそ持たない……飲食店『緊急事態宣言はやめて』!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ