ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: 量産


    オリオンビール株式会社(英語: Orion Breweries, Ltd.)は、沖縄県に本拠を置く、日本の大手ビールメーカー。ビールのブランドである「オリオンドラフト」を指して「オリオンビール」と称することもある。シェアでは日本国内第5位。 日本のビール大手5社(麒麟麦酒・アサヒビール
    23キロバイト (2,896 語) - 2020年6月18日 (木) 12:26



    (出典 www.ssnp.co.jp)


    沖縄って酒飲み多いんだね
    すごい度数高いお酒飲んでそうだし。

    1 Twilight Sparkle ★ :2020/06/18(木) 20:00:06.73

    【お酒】 オリオンビール社長が語る、ストロング缶をやめた理由「黙っていられなかった」
    6/18(木) 8:46配信

     ビールや発泡酒よりも安いにもかかわらず、アルコール度数は9~12%とその2倍近くあり、しかも飲みやすい。安くて酔えることから人気になったストロング系チューハイ。
    一方では、依存症の専門医から、アルコールの過剰摂取により健康問題へつながる危険性を指摘する声もあがっています。

     そんななか、オリオンビールは4月22日、同社が発売するストロング系チューハイ「WATTA STRONG」の業界で初となる販売終了を発表、話題を集めています。
    WATTA STRONGは2019年5月に発売を開始したオリオンビールの缶チューハイWATTAシリーズのラインナップのひとつで、シリーズ販売額の約4割をしめる人気商品。

     オリオンビールはストロング系チューハイの販売終了に踏み切った、その背景には何があるのか。オリオンビール株式会社の早瀬京鋳代表取締役(51歳)に電話で話を聞きました。

    なぜストロングを販売終了できたのか
    ――WATTASTRONG生産終了の背景にはどのような流れがあったのでしょうか。

    早瀬京鋳(以下、早瀬):恥ずかしながら2019年、オリオンビールの代表取締役に着任するまで、依存症やストロング系チューハイの問題についてあまり明るくはありませんでした。
    着任後に、WHOが警鐘を鳴らしていること、ネットなどでストロング系チューハイの問題が指摘されているのを目にするようになりました。

     また、沖縄でアルコール依存症の方をサポートしている団体や当事者に現状を伺う機会がありました。そこで 沖縄ではここ数十年でアルコール依存症の方が増えていると伺いました。
    当事者の方からはストロング系チューハイを睡眠薬みたいに寝る前に飲むのが癖になってしまったという話も伺い、黙っていられなくなり、販売終了を決断したのです。

    ――でも、WATTASTRONGはWATTAシリーズの中でも人気の商品。販売終了による売り上げの低下への懸念はなかったのでしょうか。

    早瀬:WATTAを購入されたお客様へのアンケートでは選んだ理由に味や沖縄の特産品やブランドとコラボレーションしている点を挙げている方が多かった。それに、そもそも一番売れていたのはアルコール度数4%のものです。

     ですので、WATTAというチューハイブランドをこれからの展開、お客様に喜んでいただくことを考えた場合、高アルコールは他の要素よりも優先順位が低い。

    次ページは:オリオンらしさは何なのか

    (続きや関連情報はリンク先でご覧ください)
    引用元: https://news.yahoo.co.jp/articles/2fec61766aeac598636aabe7c0519c078173cf71


    【オリオンビール『WATTA STRONG』の販売終了します】の続きを読む


    オートミール(英語: oatmeal)とは、燕麦(エンバク)を脱穀して調理しやすく加工したものである。また英語名の「Oat」から、オートムギ、オーツ麦、オートとも呼ばれる。 アングロアメリカでは燕麦を押し潰すかカットした加工品をオートミールと呼ぶ。また、粥状に調理したものを指す。それ以外の英語圏では燕麦を挽いた粉製品を意味する。
    16キロバイト (2,080 語) - 2020年5月20日 (水) 02:57



    (出典 imgcp.aacdn.jp)


    ちょっと食べたことあるけど旨いもんじゃないね。
    なんかに加工すればいいのか。

    1 シャチ ★ :2020/06/13(土) 18:58:55.18

     スーパーマーケットなどで「オートミール」製品の売り切れが相次いでいるとの声をSNSで多く見かけるようになった。

     なぜこのような事態が起きているのか、J-CASTニュースはオートミールメーカーに取材した。

    ■「ダイエット目的で米の代わりにオートミール食べてたんだけど...」

     オートミールとは、オート麦(えん麦)という穀物を原料とする食品。血糖値が上がりにくいという性質や、栄養豊富だということから、なかやまきんに君を始めとする筋トレ系・ダイエット系ユーチューバーらによって「ダイエット食品」として動画などで紹介されている。

     ツイッターで「オートミール 売り切れ」と簡単なキーワード検索をかけると、2020年2月ごろから売り切れ報告のツイートが1日1件ほどヒットする。4月中旬からは1日5件前後見られるようになり、5月末になると1日約20件以上存在する日も。6月に入っても

    「ダイエット目的で米の代わりにオートミール食べてたんだけど、スーパーに行くとずっと売り切れ」「ずっと売り切れ中で次回入荷未定のポップまで貼られているから日本国民はとうとうオートミールの魅力に気づいてしまったのかも」

    といったツイートが1日20件前後見つかる。

     アマゾンの価格の推移を集計しているサイト「Keepa」を見ていくと、海外メーカー「クエーカー」の「クエーカーオールドファッション 4.52kg」は、3月15日ごろには2300円前後だったようだが、6月9日には4990円ほどで売り出されている。

     同じくオートミール製品で知られる「日本食品製造」によると、「日食プレミアム ピュア オートミール 300g」の「参考売価」は370円(税抜)。Keepaを参考にアマゾンを見ていくと3月15日ごろには8袋セットが3600円程度だが、こちらも6月9日には4500円と、通販では高騰気味のようだ。

    「緊急事態宣言が出され、需要が一気に...」
     売り切れについて、日本食品製造の代表・戸部謙ルイス氏は「多くの店舗様で製品が売り切れ(欠品)しており、お客様に大変ご迷惑をお掛けしており、大変申し訳なく感じております」とコメントした。

     さらに、3つの要因を語った。まず緊急事態宣言を挙げ、

    「今回のコロナの感染の広まりにより、緊急事態宣言が出され、需要が一気に高まったことが第一の要因であると考えております。オートミールは他のシリアル類と異なり、お粥状にして食べることができ、主食として常食されているお客様がいることから、お米などと同じく、買いだめが一時的に進んだと推測されます。また、離乳食としても、利用されている方々が多く、多めにご購入頂いたと推測されます。さらに、ボディービルダーやスポーツ選手、ダイエット中の方々も常時使用されているため、これらの方々も多めにご購入されたのではないでしょうか」

    とした。第2に、

    「ダイエットや『腸活』用として、オートミールの使用が増えていることも要因であると考えます。コロナ感染の広がる以前より、オートミールの需要は毎年少しずつ高まっておりましたが、売り切れになるほど需要が高まっていたわけではありませんでした。しかしながら、今回の緊急事態宣言により、需要が一時的に高まったと推測されます」

    とのことだ。そして第3には

    「オートミールを製菓材料として使用される方々も多くおられ、今回の緊急事態宣言により小麦粉やパンケーキミックスが売り切れ状態になり、オートミールも製菓材料として一部のお客様にご購入された可能性が高いものと推察しております」

    と、「製菓材料」としての需要も挙げた。

     増産については

    「今年の3月よりフル生産をしており、通常の2倍以上の製造量を現在製造しております。日々、お客様からは販売店などの問い合わせを多くいただいておりますので、全社一丸となって欠品状態の解消に努めております。常食されているものが無くなることは、極めてお客様にご迷惑をおかけしてしまう事を重々理解しておりますので、6月中までには、品切れ状態が無くなるよう増産・出荷中であります」

    と、欠品解消を目指す。

    6/13(土) 7:00配信 J-CASTニュース
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f0a7f92b6fa81001ab8ccf07b2cd1a473e6c7334
    「日食プレミアム ピュア オートミール 300g」(日本食品製造提供)

    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 asset.recipe-blog.jp)


    【オートミール‟売り切れ相次ぐ” みんなそんなに食べるの?】の続きを読む

    このページのトップヘ