ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: パチンコ店


    「生活保護受給者なのだからパチンコを打たねば」 生活保護元受給者が送った“薬物で空白に耐えた”日々 - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com関東版


    NO.9378456 2021/04/06 21:44
    「生活保護受給者なのだからパチンコを打たねば」 生活保護元受給者が送った“薬物で空白に耐えた”日々
    「生活保護受給者なのだからパチンコを打たねば」 生活保護元受給者が送った“薬物で空白に耐えた”日々
     約205万人を数える生活保護受給者数(2020年10月)。菅首相は「政府には最終的には生活保護という仕組み」があると述べたが、昨年と比べても数字は横ばいだ。生活保護受給のハードルは、条件的にも心理的にもそれだけ高い。生活保護を受給することは、どういうことなのか。実際に生活保護を経験した筆者が匿名で綴る。

     ◆◆◆

     はじめて保護費をもらった日、その足でパチンコに行った。

     別にパチンコが好きなわけではない。そもそもパチンコに行く習慣もない。パチンコは何年も前に友人の付き合いで何回か打ったきりで、パチンコが面白いと思ったこともないし、パチンコにハマった経験もなかった。それでも保護費をもらったのだからパチンコに行かねばなるまいと思った。

     自分は生活保護受給者なのだから、パチンコを打たねばなるまい。

     パチンコ台に1万円札を吸い込ませる。そういう経験から自分の生活保護ライフはスタートした。

    「生活保護」という選択肢が頭をチラ付き始めたのは2019年の初夏ごろだった。当時の自分はささやかな事業を手掛けていたのだが、自分の商才の欠如ゆえ悲惨な末路を迎えようとしていた。

     手持ちの資産は底をつきつつあり、起死回生の手段はどこにも見当たらない。スタッフに支払う人件費やオフィスの維持費などもあと2か月程度が限界だ。「ナニワ金融道」に出てくる行き詰った中小企業の社長のように金策に奔走したが、落ち目の時は全てが上手くいかなくなるもので、あらゆる資金調達が上手くいかなかった。何日か死ぬほど悩んだ挙句、事業を畳むことを決意した。

     事業の解散後、..

    【日時】2021年04月06日 17:00
    【ソース】文春オンライン


    【【悲惨】生活保護ライフはパチンコから】の続きを読む


    カワイイ‼ 鈴木奈々 パチンコ店員のスカート姿披露ww

    たしかに
    かわいいですね

    NO.9241528
    鈴木奈々、パチンコ店の制服スカート姿に「こんな店員がいたら」「マドンナ的存在」
    鈴木奈々、パチンコ店の制服スカート姿に「こんな店員がいたら」「マドンナ的存在」
    ■1枚の写真をアップ「ビックマーチの制服が可愛くて好きです」

    タレントの鈴木奈々が8日、自身のインスタグラムを更新。

    パチンコ店の制服を着用した姿を披露し、「マドンナ的存在」「こんな店員さんがいたら」と話題を呼んでいる。

    北関東を中心に展開するパチンコ店「ビックマーチ」のイメージキャラクターを務めている鈴木。

    「ビックマーチの制服です」と記して1枚の写真をアップした。

    壁に寄りかかるように立った鈴木が制服姿で笑顔を見せており、「ビックマーチの制服が可愛くて好きです」と続けた。

    タイトなスカートを着用し、圧巻のプロポーションを見せつけている。

    ファンから「制服似合います」「マドンナ的存在」「こんな店員さんがいたら」「腰のフリルがめっちゃかわいい」などのコメントが次々寄せられていた。



    【日時】2021年02月09日 07:40
    【ソース】ENCOUNT
    【関連掲示板】


    【カワイイ‼ 鈴木奈々 パチンコ店員のスカート姿披露ww】の続きを読む


    【悲劇】借金900万‼ 30代男性‟パチンコで自己破産”…………………

    あらららら・・・
    最悪だね

    NO.9107233
    パチンコで自己破産した30代男性「1日3~5万円を注ぎ込み、気付けば借金900万円」
    パチンコで自己破産した30代男性「1日3~5万円を注ぎ込み、気付けば借金900万円」
    パチンコで負けても資金がある限り、打てないということはない。

    それと同じようにパチンコで借金を背負っても、その返済能力があれば打ち続けることはできる。

    では資金が底を尽き、借金も度を超えるとどうなるのか。

    「パチンコをやめたきっかけは、自己破産です」と語るのは30代男性。

    キャリコネニュースに、

    「最盛期には、1日に3~5万円を注ぎ込んでいました。あの頃の自分が恥ずかしいです。気づけば30代前半で借金が900万円になっており、自己破産しました」

    といった声を寄せている。

    今回は、この男性の投稿を中心に紹介する。

    ■「あの頃はお金を注ぎ込めば、その分が返ってくると信じていました」
    流通・小売系の会社に勤務する男性は、年収350万円。

    パチンコに没頭した期間は約10年。

    その間に投じた総額は約600万円と、年収の2倍近くを上回る金額だ。

    ここまで注ぎ込まなければ、自己破産は免れたかもしれない。

    男性はパチンコを始めた経緯を振り返る。

    「初めて打ったのは大学生の頃で、ありがちなビギナーズラックです。友達に誘われてパチンコ屋に行き、そこで5000円が3万円になりました。こんなに簡単に、お金が手に入るんだと。大学卒業後は就職先の関係で、配属が縁のない地方に決まりました」



    【日時】2020年12月18日
    【ソース】キャリコネ


    【【悲劇】借金900万‼ 30代男性‟パチンコで自己破産”…………………】の続きを読む

    このページのトップヘ