ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: 接客業


    マスクである。陽圧法のマスクと陰圧法のマスクがあり、陰圧法のマスクには排気弁が付いている。あくまでも作業用であり長時間装着しての使用には向いていない。 米国には米国労働安全研究所(NIOSH)が認定するN95マスクがあり製品には認証番号が付けられている。このN95マスク
    49キロバイト (5,997 語) - 2020年12月21日 (月) 06:44



    (出典 www.fjtex.co.jp)


    そんなにガードしないんだ
    オシャレマスクはいつすれば

    1 愛の戦士 ★ :2021/01/15(金) 21:23:22.21

    FNNプライムオンライン

    各地で広がる「不織布マスク着用のお願い」
    マスクを巡って、街では今こんな現象が起きている。
    美容室「ザザ」 スタッフ:
    ただいま不織布のマスクに統一しておりますので、こちら交換をお願いいたします。

    【画像】どれくらい飛沫量をカットできる?不織布・布・ウレタンで比較

    不織布マスクへの着け替えを利用客にお願いするのは、東京を中心に店舗を展開する美容室チェーン。

    美容室「ザザ」 嶋田康広さん:
    布マスクの方が呼吸しやすいので話しやすいんですけれども…

    さらに、大阪市中央区のワーキングスペースには「緊急事態宣言、会話厳禁、不織布マスク着用」と書かれた張り紙があった。


    様々な施設で呼びかけられている、不織布マスクの着用。果たしてどこまで広がりを見せているのか?

    成人式や病院・店で配布も 緊急事態宣言きっかけに徹底
    1月11日、東京23区で唯一行われた杉並区での成人式でも、会場で「不織布マスク」に着け替える新成人の姿が見られた。

    杉並区役所 児童青少年課・土田昌志課長:
    参加者全員に不織布のマスクを配布いたしまして、「ここまで徹底すると安心だね」というような声がありました。

    杉並区は、感染対策に万全を期すべく、来場者1人につき2枚の「不織布マスク」を配ったという。

    「不織布マスク着用」を呼びかけている都内の病院は、そのきっかけについて次のように話す。
    東府中病院・十藏寺晶子理事長:
    今回の緊急事態宣言が出たので、それを機に導入しました。

    今、各地の病院でも通院時の「不織布マスク着用」の徹底が図られているという。
    お願いはこんなところでも…
    ブライダリウム ミュー・栄里奈副店長:
    今回の緊急事態宣言が出たことによって、より強化しようということで始まりました。不織布のマスクの方がお客さまもそうですし、私たちスタッフもより安心してご案内できるかなと。


    東京・新宿にあるドレスのレンタルショップ。衣装合わせの際、スタッフと新郎新婦に不織布マスクの着用を徹底するようになった。

    また、花嫁姿にぴったりのシルクでできたマスクも不織布を下に重ねる徹底ぶり。

    ネイルサロンアピー(北千住店)も12月から不織布マスク着用のお願いをスタート。不織布マスクを持っていない客には、店側が配布する。

    ※続きはリンク先で
    https://www.fnn.jp/articles/CX/131353


    【オシャレマスクは危険!?「不繊布マスク着用」をお願いするお店続々と…】の続きを読む


    【不信感】アパレル業界の『二重価格商法』とは?

    たしかにこんなに安くなるのって
    思う事多々ある

    NO.9105041 2020/12/17 09:20
    アパレル業界の「価格」がおかしい…!「値引き」のウラで広がる“二重価格商法” 消費者の信頼を失うことになりかねない
    アパレル業界の「価格」がおかしい…!「値引き」のウラで広がる“二重価格商法” 消費者の信頼を失うことになりかねない
    アパレルは慢性的な過剰供給にコロナ禍の販売不振が加わって叩き売り状態に陥っているが、たとえコロナが収束しても消費者の脳裏から「叩き売り」の記憶は消えず、「正価」への不信感を長く引きずることになる。

    コロナ以前からアパレルの「正価」は実勢価格と大きく乖離して、過半どころかブランドによっては大半が値引き価格で販売される「二重価格商法」が実態となっていた。

    こんなことを続けていては「正価」は値引き販売のための「偽装価格」と成り果て、顧客に「有利誤認」を誘う詐欺商法と見なされかねない――。

    そう警鐘を鳴らすのはアパレル流通に詳しい(株)小島ファッションマーケティング代表の小島健輔氏だ。

    ■実勢価格と乖離した「正価」
    コロナ禍の販売不振でアパレルは店頭でもECでも値引き販売が常態化し、実需期でも動きの鈍い商品は2~3割引は当たり前で、期末のセールともなれば4~5割引となり、持ち越し品を6~8割引で叩き売るブランドさえ散見される惨状だが、ここまで値引き販売が常態化した要因は過剰供給と販売不振だけではない。

    ブランドが設定する「正価」そのものが実勢価格と大きく乖離していることが根本的な要因と思われる。



    【日時】2020年12月17日 05:00
    【ソース】現代ビジネス
    【関連掲示板】


    【【不信感】アパレル業界の『二重価格商法』とは?】の続きを読む


    大衆食堂 (定食屋からのリダイレクト)
    丼もの、ラーメン、うどん、蕎麦などの麺類も定番である。 定食を中心としたメニュー構成の店舗は、定食屋定食店とも呼ばれる。また調理・盛りつけ済みの惣菜を一皿ごとに選んで取るセルフサービス形態の店舗は、最後にめしだけを注文することから一膳めしと呼ばれる。酒類としてはビール、日本酒、チューハイなどが
    6キロバイト (832 語) - 2020年11月6日 (金) 20:44



    (出典 meshi.yon.tokyo)


    ごちそうさまでしたは言うけど
    美味しかったですは確かにあまり言ってないかも

    1 記憶たどり。 ★ :2020/12/16(水) 05:11:02.35

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e4f8f37b79463dcd5f8143d10c01f99008321c5

    ちょっと悩んだけど、「美味しかったです」って言った…

    ミュージシャンの前里慎太郎さんが紹介した『老夫婦がやってる定食屋で、言わない方が粋かちょっと悩んだけど、
    「美味しかったです」って言ってお会計済ませ、外出て引き戸を閉めた。そこで「美味しかっただって、良かったね」って
    中でお婆さんが言ってるのが聞こえて、これからは口に出していこうと思った。』というエピソードにSNS上で大きな反響が起こっている。

    最近はチェーンの飲食店が増えたことから「ごちそうさま」すら言わずにお店を出てしまう人が増えているというが、
    そもそもお客とお店というのはこのように感情のこもった言葉のやり取りをするのが普通だったはず。
    なにか大切なことを思い出せたような嬉しさのあるこのエピソードに対し、SNSユーザー達からは
    「私も料理人なのですが、この言葉は我々に取ってとても嬉しく、どんなにクタクタに疲れていても疲れが吹っ飛ぶ言葉です。」
    「大阪の方だと、ごちそうさん、とかよく言う人多いけど、他の地域ではあまり無い習慣ということに驚いたときもあったな。」
    「自分もこういう"好き"な気持ちはしっかり伝えていこうと改めて感じました。」「松屋の様な食券制のお店は無言で出て行く人が多くて、
    吉野家の様な対面式のお会計の店舗は、計算をお願いする意味合いでも「ごちそうさま」など声を出す人が多いと聞いたことあります。」
    など数々のコメントが寄せられている。

    前里さんにお話をうかがってみた。

    中将タカノリ(以下「中将」):今回のエピソードの舞台になったのはどんなお店だったのでしょうか?

    前里:定食屋さんは本当にこぢんまりとした昔からある感じのお店でした。

    中将:お会計をする前にもお店の方とやりとりはあったのでしょうか?

    前里:亭主がお水を出し忘れた事をきっかけに「すみませんね、もう歳だから」と声をかけてくれた事でこちらも和みました。
    とんかつ定食を頂きましたが、素朴な味でとても美味しかったです。

       ◇   ◇

    ▽「前里慎太郎(まえさと しんたろう)」さんプロフィール
    HIPHOPのMCとしてソロで活動するほか、ニューグリフィンズ、BSBなどのバンドでも活動中。

       ◇   ◇

    前里さんのお話を聞いて、言葉をかわすことで生まれる感情や感動というものがあるのだとあらためて感じた。
    「ありがとう」「ごちそうさま」「美味しかった」「お世話になりました」…一人一人が感謝の一言を心がければ、
    世の中全体が少しずつ幸せになるに違いない。

    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1608040705/
    1が建った時刻:2020/12/15(火) 22:58:25.05


    【【反響】定食屋で『美味しかったです』の一言にほっこり(●´ω`●)】の続きを読む


    株式会社アルペン(英: Alpen Co., Ltd.)は、愛知県名古屋市中区丸の内2丁目9番40号に本社を置く日本のスポーツ用品販売チェーンカンパニー。自社グループのジャパーナやキスマークジャパンでの商品生産も行う総合スポーツ用品メーカーとしての顔も持つ。 1972年創業。2006年3月24日、東
    24キロバイト (2,195 語) - 2020年12月14日 (月) 13:32



    (出典 foundia.net)


    ひと昔前に比べたら
    ウィンタースポーツする人減ったねー

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/12/14(月) 21:07:21.51

    2020年12月14日 19時25分 公開
    「アルペン」一部店舗でスキー・スノボグッズ取り扱い終了へ 「あのアルペンが!?」「時代の変わる瞬間」と動揺広がる (1/2)
    アルペンといえばウィンタースポーツのイメージを持っていた方は多いのでは?
    [ねとらぼ]

     スポーツ用品の「アルペン」が、一部店舗でスキー・スノーボード用品の取り扱いを終了することが分かりました。

     全店で終了というわけではなく、またオンラインショップでの販売は継続されるものの、「アルペン=ウィンタースポーツ」というイメージを持っていた人は多い様子。店頭に掲示された貼り紙がTwitterで拡散され、「あのアルペンが!?」「こんな日が来るなんて想像もしなかった」と動揺が広がっています。

     ねとらぼでは、一部店舗での取り扱い終了の背景をアルペンに取材しました。



    (出典 image.itmedia.co.jp)

    アルペン・スポーツデポ公式オンラインショップ


     同社によれば、スキー・スノーボード用品の取り扱いを終了(もしくは縮小)した店舗は約半数の90ほど。そのうち約30店舗は2019年時点ですでに取り扱いを終了しており、今期新たに約60店舗が続いた形です。一方で、残り半数の約90店舗では今後も取り扱いを継続するとのこと。

     取り扱い終了の背景については、「2019年までの暖冬続きで、市場として縮小してきていたのが主な理由です。そこにコロナ禍も加わり、よりその傾向が顕著に出ることとなりました」と説明。終了となる店舗ではキャンプやアウトドア系の商品に注力すると述べています。

         ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2012/14/news131.html


    【『あのアルペンが!?』一部店舗でスキー・スノボグッズ取り扱い終了へ……】の続きを読む


    ネイルサロン(Nail salon)とは、爪の装飾(ネイルアート)や手入れなどを専門に行う店舗。イギリス・ヨーロッパでは、一般名詞としてネイルバー(nail bar)、ネイルスタジオ(nail studio)という呼称の方が一般的である。 ネイルサロンは比較的小さなスペースでも開店できる。以下のよう
    3キロバイト (392 語) - 2018年11月6日 (火) 21:34



    (出典 kigyo-yell.com)


    してもしなくても大丈夫な職種って
    厳しいっすね

    1 七波羅探題 ★ :2020/12/08(火) 16:59:57.71

    ネイルサロンの倒産が相次いでいる。帝国データバンクの調べでは、ネイルケアや関連サービスを提供する「ネイル専門サロン」の倒産が11月までに19件判明。この時点で2000年以降最も多かった14年(18件)を上回り、過去最多を既に更新している。このペースが続けば、ネイルサロンの倒産は過去初めてとなる20件台の突破もみえており、増加傾向が続いている。  ネイルサロンの倒産で近年目立つのは、マンションサロンやホームサロンなど、小規模なネイルサロンの倒産が相次いで発生している点だ。市場の拡大に伴い、大手から中小の美容関連企業、独立したネイリストが相次いで市場に参入してきた。  

    しかしその半面、店舗数が急増したことで競争激化の影響が深刻化、収益確保がままならず厳しい経営を余儀なくされてきた。そこに新型コロナウイルスの影響で外出機会が大幅に減少し、メイクなど女性の美容需要減退が重なった。そのため、先行きを見通せずに事業継続を断念せざるを得ないケースも発生するなど、ネイルサロン業態は今厳しい状況下に置かれている。

    ネイルサロンの倒産では、そのほとんどが業歴の浅い中小零細規模の事業者で占められている。過去5年間のネイルサロンの倒産をみても、個人店を含めた資本金1000万円未満の倒産が約9割を占めるほか、業歴は平均で約10年、最も短いもので約2年にとどまるなど、業歴が非常に短い点も特徴だ。  

    背景にあるのは、ネイルサロン店舗の急増による顧客獲得競争の激化だ。2005年は約400億円に過ぎなかったネイルサービス市場は、08年に1000億円台を突破。18年は1700億円に達し、13年前から1300億円も拡大した。市場の拡大に伴い店舗数も急増し、18年で全国約2万8000店あったネイルサロン店は、今年で3万店規模を超えるとみられている。美容室などに比べ、キットなどを除けば特別な機器や資格が必要ないネイルサロン業態は、省スペースかつ低資金で開業できるのが魅力。美容サービスの中では参入障壁が比較的低いとされる業態に位置するため、独立・開業するネイリストは多い。  

    他方、市場の成長とは対照的にネイルサロンの経営そのものは年々厳しくなっている。1店舗当たりの年商は2018年時点で約600万円となり、5年前から1割下落。今年はさらに下回る500万円台にまで低下するとみられている。もともと、消費税の引き上げなどで利用者の節約意識が高まると、美容関係への支出は初めに抑制されやすい。なかでも、ヘアサロンなどに比べると相対的に不要不急の性質が強いネイルサービスは、特にその影響を受けやすくなる。加えて、自宅でもできる廉価なネイルケア商品が普及したこともあって、セルフネイルやホームネイルの機会も増加。ターゲットとなる女性顧客がリアル店舗を利用する頻度も減少しやすくなる。  

    結果として、リピーターや新規顧客の獲得に悩むネイルサロンでは、店舗数の急増からライバル店との激しい競争に晒され、集客力の確保を目的に低価格競争に陥っているケースが少なくない。そのため、資金力や経営体力に乏しいネイルサロンが経営に堪え切れなくなり、市場からの退出が近年進む要因となってきた。

    こうしたなか、今年に入り新型コロナウイルスの感染が拡大。不要不急の外出自粛や在宅勤務の普及、所得の減少などで美容需要そのものが縮小しており、厳しいネイルサロンの経営に追い打ちをかけている。首都圏でネイルサロン「prish(プリッシュ)」の運営を手掛けるネイルデザインが5月に実施した調査 では、緊急事態宣言の期間中、美容にかける1カ月の支出金額を「0円」と答えた人が約4割に達した。一方、解除後の予定でも「0円」が25.5%と、4人に1人が美容への支出削減を予定しており、平常時に比べて美容の支出を極力抑制する傾向が強まっている。  

    現状をみると、ネイル需要減のピークは一旦過ぎたようだ。ネイルサロン「ファストネイル」などを運営するコンヴァノ は、2020年4-9月期の連結売上高が6億1500万円と、前期に比べて半減した。緊急事態宣言の発出中に店舗運営を取りやめた影響が残ったが、6月以降は店舗に飛沫防止シールドを設置するなど感染防止策を徹底している。また、コロナ禍で客足が遠のいたリピーター向けのキャンペーン展開や、新規顧客の獲得にも注力。

    ただ、在宅勤務の普及などで働く女性を対象にしたオフィス(職場)ネイル需要などは、コロナ禍以前の水準に短期間で回復するかは不透明だ。主要な顧客層の一つである、いわゆる「夜の街」に勤める女性の需要も、大幅な需要回復が見込める状況には当面ない。(長文の為以下リンク先で。以下要登録必要記事有)

    PRtimes2020年12月8日 14時23分
    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000208.000043465.html


    【【悲痛】競争の激化か……ネイルサロンの倒産相次ぐ!!】の続きを読む

    このページのトップヘ