ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: > お笑い


    ゆりやんレトリィバァ(1990年11月1日 - )は、日本のお笑いタレント(ピン芸人)。アイドルグループ吉本坂46のメンバー。奈良県吉野郡吉野町出身。本名は吉田 有里(よしだ ゆり)。吉本興業東京本部(東京吉本)所属。 第1回女芸人No.1決定戦 THE W優勝者。 第19回R-1グランプリ優勝者。
    30キロバイト (3,574 語) - 2021年3月8日 (月) 00:53



    (出典 www.nikkansports.com)


    最近見てないけど
    良かったね

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/07(日) 23:04:17.73

    [ 2021年3月7日 20:54 ]

     ピン芸人日本一を決める「R-1グランプリ2021」の決勝戦が7日行われ、お笑い芸人のゆりやんレトリィバァ(30)が優勝し、賞金500万円を獲得した。

     ファーストステージでは「ウザい女性社員」をモチーフにしたコントを披露。審査員のホリ(44)からは「どんどん引き込まれていきましたね」と絶賛。666点の高評価を得て、予選2位でコマを進めた。

     ファイナルステージでは「ダイエットのインタビュー」をモチーフにしたコントで爆笑をさらった。

     同大会は2002年に初開催され、19回目となる今回は出場規約が変更。参加資格はプロが芸歴10年以内、アマチュアは出場10回以内になった。大会名も「R―1グランプリ」とカタカナ表記になるなどリニューアル。審査方法も変わり、新たな「R―1」のスタートとなった。

     参加者2746人の中から、決勝戦はZAZY(32)、土屋(28)、森本サイダー(31)、吉住(31)、寺田寛明(30)、賀屋(27)、kento fukaya(31)、高田ぽる子(22)、ゆりやんレトリィバァ(30)、復活ステージ1位のマツモトクラブ(44)で競われた。

     【R―1ぐらんぷり歴代優勝者】第1回(02年)だいたひかる/第2回(04年)浅越ゴエ/第3回(05年)ほっしゃん。/第4回(06年)博多華丸/第5回(07年)なだぎ武/第6回(08年)なだぎ武/第7回(09年)中山功太/第8回(10年)あべこうじ/第9回(11年)佐久間一行/第10回(12年)COWCOW・多田健二/第11回(13年)三浦マイルド/第12回(14年)やまもとまさみ/第13回(15年)じゅんいちダビッドソン/第14回(16年)ハリウッドザコシショウ/第15回(17年)アキラ100%/第16回(18年)濱田祐太郎/第17回(19年)霜降り明星・粗品/第18回(20年)野田クリスタル

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/03/07/kiji/20210307s00041000462000c.html
    ★1 2021/03/07(日) 20:56:48.60
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1615118208/


    【【号泣】R-1グランプリ ゆりあんレトリィバア優勝!!!】の続きを読む


    蛍原 (ほとはら とおる、1968年1月8日 - )は、日本の男性お笑いタレント、司会者。本名同じ。 愛称はホトちゃん。お笑いタレントとしての活動名は雨上がり決死隊 蛍原徹。 1968年1月8日、大阪府門真市出身。 1988年、NSCの7期生として入学。その時に同期の森田嘉宏(現・コラアゲンはい
    13キロバイト (1,535 語) - 2021年2月12日 (金) 06:31



    (出典 www.sanspo.com)


    たしかにそうかー
    どうしたらいいのやら

    1 爆笑ゴリラ ★ :2021/03/03(水) 08:19:32.22

    3/3(水) 7:49
    東スポWeb

    雨上がり・蛍原が心境告白「宮迫のおかげで今がある。俺、どうしたらええねん」
    宮迫(左)と蛍原
     雨上がり決死隊・蛍原徹(53)が2日深夜に放送された「あちこちオードリー~春日の店あいてますよ?~」(テレビ東京系)に出演。相方・宮迫博之(50)とテレビ番組で共演できない現状に対する思いを明かした。

     きっかけはさらば青春の光・森田哲矢(39)の「もう俺は安泰。死ぬまでお金は大丈夫って思った瞬間って」という質問だった。

     MCのオードリー・若林正恭(42)は「何が起こるかわからない。それって自分でコントロールできない。その話をクリーピーナッツとしてて、どうなるかわからないから、みんな数珠しだすんじゃないかなって」と話した上で、「雨上がりさんが(安泰じゃないと)思ってたらおかしいと思いますよ」と蛍原に話を振った。

     蛍原は大きめの身振り手振りを交えて「本当に、何の謙遜もなく(安泰じゃないと)思ってる。ずっと。一生なんてないってほんまに」と答えた。

     蛍原は「オードリーは安定。芸人も作ってる側の人も絶対に大丈夫だと思っていると思う」と太鼓判を押した上で、「一番危険なのは、誰かがやってくれるだろうと思って、誰もやらないのが怖い。大丈夫じゃないと言う人を」と安定しているからこそ気を付けるべき点をアドバイスした。

     そして「何が起きるかわからんからね」と切りだした。

     この言葉に出演者一同が「めちゃくちゃ説得力ある」と盛り上がる中、蛍原は相方の宮迫と共演できない心境を語りだした。

    「自分で言うのもなんやけど、本当に宮迫のおかげで今があるわけ。これは間違いなく。その間違いない人がおらんようになるわけ。逆にどうしたらええねん!?」と若林らに問いかけた。

     コンビでやっていた番組は、蛍原ひとりで継続している。しかし力不足を感じているのか「『アメトーーク』で〝じゃない方芸人〟みたいなのやり始めた。自分もそうで、若林も最初は春日の〝じゃない方〟、(博多)大吉先生とかフットの後藤(輝基)とかもみんなじゃない方やったけども、しっかり実力があるから、結局はガッ!といくわけよ。俺はずっと〝じゃない方〟なんよ」と弱気なことを話しだした。

     真剣に聞いていたオードリーらに対し、蛍原は「もうちょっと笑ってよ!」と最後に加えて笑いに変えようとしたが、若林は「事実をしゃべってた。おかしいところがなかった」と冷静なツッコミを入れた。見事に切り返され、蛍原は「そうそう」と笑うばかりだった。


    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ba43194f6a19f85c243e379067e9461536d76e8c


    【【心境】蛍ちゃん『宮迫のおかげで今がある。どぉしたらええねん…』】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント・司会者・俳優・歌手・作詞家・YouTuber。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182 cm。帝京高校卒業。 お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。また、音楽ユニット『野猿』の元メンバーでもある。
    34キロバイト (4,461 語) - 2021年1月3日 (日) 11:15



    (出典 taishu.jp)


    キャラというか
    全く違うもんなー

    1 muffin ★ :2021/01/03(日) 16:10:31.66 ID:CAP_USER9.net

    https://taishu.jp/articles/-/91082
    2021.01.02

    いまや、芸能界の頂点に君臨していると言っていいダウンタウン・松本人志(57)。年末の『M-1グランプリ』の審査員を務め、笑いに関する権威となっていることは誰もが認めるところだし、毎週の『ワイドナショー』(フジテレビ系)での発言でも、世論に大きな影響を与えている。

     いっぽう、ここにきて破竹の勢いとなっているのが、とんねるずの石橋貴明(59)だ。18年に『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了。自身で「とんねるずは死にました」「戦力外通告」と自虐的に語っていたものの、20年にYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』を立ち上げてからは、第2の黄金期を迎えている。

    「実は、この両者には以前から因縁がささやかかれているんです。日本のお笑い史を紐解くうえでは、ダウンタウンととんねるずの不仲説は、避けて通れない話題ですね。『笑っていいとも!』の最終回、14年3月31日放送の『笑っていいとも!グランドフィナーレ』(フジテレビ系)で、2組が共演した際の出来事は、いまだに“奇跡”や“伝説のシーン”と呼ばれています」(女性誌記者)

    『いいともフィナーレ』では、段取りを無視して石橋が「なげーよ!」と、ダウンタウン、明石家さんま、ウッチャンナンチャンらがタモリを囲んでトークしていた生放送のステージに乱入。不仲説はお互いに自覚していたようで、舞台上にいたダウンタウン松本は「ネットが荒れる~!」を連呼。石橋も、「松本が『ネットが荒れる』って言ってたよな」とあえて触れ、「ネットで見たら『キーマンは石橋』って書いてあったから(出てきた)」というやり取りもあった。

    「ダウンタウン、とんねるず、ウッチャンナンチャン、明石家さんまに加えて、とんねるずが乱入した後は爆笑問題やナインティナインなどなどが次々にステージに上がり、信じられないほど豪華なメンバーが揃いました。16年の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では浜田雅功(57)がこの時のことについて“周りが気ぃ使って”と不仲説を否定したほか、松本は“7:3くらいで(とんねるずが出てくる)確信があった”と、狙ってこのハプニングを起こしたことを明かしています」(前出の女性誌記者)
    中略

    ■実際は不仲ではない

    「14年4月の『ワイドナショー』でも、松本は“こそばゆい”“気持ち悪い”と不仲説が流れている現状に異を唱え、実際に打ち合わせにいたのに、オープンニングにとんねるずと爆笑問題が登場しなかったことについて担当プロデューサーが“やっぱりネットが炎上しますから”と答えたことで、中居正広(48)も“スタッフも、なんの明確なものもなく、なんとなく会わせないようにしていた?”としていました」(専門誌記者)

     松本自身が不仲説に気づいたのは最近のことだったらしく、16年の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で「周りに気を使われてることすら知らなかった」「廊下ですれ違わないように(スタッフが)していた」と、振り返っている。

    「年齢も芸歴も、とんねるずの方が上。14年の『おぎやはぎのメガネびいき』(TBS系)では矢作兼(49)が過去に直球で“仲悪いんですか?”と石橋に聞いたところ、“それがよ、全然悪くないんだよ周りが勝手に遠ざける”“俺からしたら、ダウンタウンは後輩なんだけど、周りがスゴいピリつくんだよなぁ……”と答えていたそうです。しかも、石橋と浜田は子どもが同じ学校に通っていたから、学校ではしょっちゅう顔を会わせていたそうです」(前同)

    全文はソースをご覧ください


    (出典 asiversal.com)


    【【真相】石橋貴明と松本人志は不仲なの??】の続きを読む


    小沢 一敬(おざわ かずひろ 1973年10月10日 - )は、日本のお笑いタレント、YouTuber、俳優であり、お笑いコンビスピードワゴンのボケ、ネタ作り担当。相方は井戸田潤。愛称はオザ、セカオザ。 弟はジェンティ株式会社代表取締役の小澤 頼仁(おざわ よりひと)。
    18キロバイト (2,177 語) - 2020年12月6日 (日) 06:25



    (出典 townwork.net)


    ドンドン
    変わってくんでしょうね

    1 jinjin ★ :2020/12/21(月) 22:30:59.22 ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ「スピードワゴン」の小沢一敬(47)が20日、漫才日本一決定戦「M―1グランプリ2020」の直後に自身のツイッターを更新。
    「漫才は自由だな。自由はかっこいいな」と投稿し、マヂカルラブリーの優勝直後に議論が白熱している「漫才」の定義について一石を投じた。


    ツイッターでは、優勝したマヂカルラブリーや最終決戦に残ったおいでやすこがが、いわゆる“しゃべくり漫才”ではなかったことに「漫才していたのは見取り図だけ」「漫才とは…」「しゃべくりだけが漫才じゃない」などと議論が交わされた。


    そんな議論が巻き起こる中、小沢は「ロックだとかパンクだとか恋愛ものだとかサスペンスだとか漫才だとかジャンルなんて飛び越えちゃうものをたくさん見たい」と投稿。

    小沢の投稿に対してフォロワーも「それなです」「自由は最高」など賛同する意見が相次いでいた。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7cdee28a56614d15732295ba9c5d22c306328014


    (出典 townwork.net)


    【【議論】スピードワゴン小沢 『漫才とは……』】の続きを読む


    村本 大輔(むらもと だいすけ、1980年11月25日-) は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビ、ウーマンラッシュアワーの主にボケ担当。また、ドラマや映画などで俳優としても活動。 NSC卒業後は、10回ものコンビ結成・解散を繰り返し一時的に「村本大輔ーズ」名義でピン芸人としても活動していた。また、枚方
    8キロバイト (1,003 語) - 2020年12月6日 (日) 15:36



    (出典 entamix777.com)


    ちらっと観たけど
    本当にしゃべってたずっと

    1 ひかり ★ :2020/12/06(日) 22:01:26.10 ID:CAP_USER9.net

     村本大輔(40)と中川パラダイス(39)によるお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」が6日、フジテレビ「THE MANZAI 2020 マスターズ」(後7・00~9・54)に出演。強烈なマシンガントークで絶え間なく社会ネタを連発し、2人ならではの存在感を示した。

     登場と同時にスタンドマイクを脇に抱え怒涛の如く語り始めた村本。内容は「桜を見る会」に始まり、「GO TO トラベル」「被災地復興」「原発事故」など立て続けに社会問題に斬り込み、お笑いへと昇華させていった。

     村本は約5分間しゃべり続け、ネタの終わりに「最後にフジテレビ、このネタ、改ざんすんなよ」の捨てゼリフとともに舞台裏へ。嵐が去ったかのようなステージ上ではMCの「ナインティナイン」矢部浩之(49)が「ロックやな」と、村本のパフォーマンスを評すと、最高顧問のビートたけし(73)は「ああいうの、北千住の駅前にいたな」と苦笑いしていた。

     ネット上では村本のネタに対し「ウーマン村本すげえなあ… めっちゃアナーキーなのにちゃんとオチ付けてて、芸として成り立たせてるのが凄い…」「ウーマンラッシュアワーは普通みんな避ける政治問題とかガンガンネタにしてるから尊敬だし、もっとどんどんメディアにでてほしい。しかも面白い。こういう風にネタにして面白くすればもっと興味持つ人増えるはず!頑張れ!」「鳥肌たって涙出そうだった」と称賛の声が。ただ、一方では「これ、漫才と言えるのか 自分の言いたいこと言っただけやんか」「申し訳ないけど、ただただうるさいだけ」と辛らつな意見も多く見られた。

     映画監督の太田隆文氏(59)は自身のツイッター上で、「ウーマンラッシュアワー。最高!素晴らしい。社会問題を笑いにしている。原発、改竄(ざん)問題、沖縄、朝鮮学校、被災地。ブラボー。多くの芸人が避けるネタを正面切って笑いにする。それでいて現実を伝える。見事。このネタを放送したフジテレビも素晴らしい」と、村本やネタを放送する方針を取ったフジテレビに対し賛辞を送っていた。

    スポニチ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/07cac3b5a43bf35e8e3b3e131ec05d1999c9b3cd


    (出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)


    【【THE MANZAI】ある意味スゴイ‼ ウーマン村本5分間しゃべり続けるwww】の続きを読む

    このページのトップヘ