ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: > テレワーク


    富士通株式会社(ふじつう、英: Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカーであり、総合ITベンダーである。ITサービス提供企業として売上高で国内1位、世界4位(2015年)。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。
    42キロバイト (4,484 語) - 2020年8月5日 (水) 06:01



    (出典 diamond-rm.net)


    凄いなー
    通勤ラッシュ減りそう

    1 新型百式 ★ :2020/08/27(木) 14:25:21.52

    国内8万人、テレワーク移行
    【「通勤」撤廃へ】
    富士通は国内グループ従業員約8万人を対象に、テレワーク(在宅勤務)への全面シフトに踏み切った。新型コロナ禍に伴う事業環境の変化を逆手にとり、社内改革を推し進めた格好。時田隆仁社長は「迷いはなかった」と明言するが、対象者は国内従業員の9割近くにのぼり、驚きは社内外に広がった。

    「通勤という概念をなくす」と語るのは人事担当の平松浩樹執行役員常務。7月に開いたオンライン会見で、平松常務は場所を問わない新しい勤務形態として「ワーク・ライフ・シフト」を提唱し、「在宅勤務を基本とする」と宣言した。

    加えて、オフィス内の全席をフリーアドレス化して「2022年度末までにオフィス規模を現状から半減する」(平松常務)と言及する。さらに通勤定期券代の廃止や在宅勤務費用補助などの施策も順次実施すると熱弁を振るった。

    急展開にも見える全面シフトだが、もともとテレワークは働き方改革の本丸であり、東京五輪・パラリンピック期間中の交通混雑を回避するために取り組んできたものだ。コロナ禍でこの流れが加速した。同社では一気呵成に生産性向上やイノベーション創出につなげる意気込みだ。

    ただ、全社テレワーク宣言の際に「工場勤務や客先への常駐者は除く」としたことからも分かるように、仕事の役割によっては進捗(しんちょく)度合いに温度差がある。

    【現場の挑戦】
    注目されるのはモノづくりの現場だ。工場での現場作業や実証実験を行うには、どうしても出社せざるを得ない。だが、上流の設計工程はパソコン画面での仕事が多く、ここ数年来、働き方改革の一環として、リモート対応に向き合ってきた。

    仕事をそのままテレワーク化しても付加価値はない。富士通が焦点を当てるのは、分散型の働き方による製品開発だ。具体策として、関係者が集まって意見を出し合う「大部屋会議」を3Dの仮想機上で行うなど、現場起点で動きだしている。
    以下ソース
    https://news.goo.ne.jp/article/newswitch/business/newswitch-23546.html


    富士通 8万人をテレワークに移行 「通勤という概念をなくす」 [幼稚園児たん★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1598487652/


    【「通勤という概念をなくす」富士通 ‟8万人をテレワーク”へ全面シフト!!】の続きを読む


    専業主婦(せんぎょうしゅふ、英: housewife, homemaker)は、家事(炊事、洗濯、掃除、買物、家計管理)や育児に専業する女性のライフコースの一名称。 「働く女性(賃金労働者)」と「専業主婦」はもともと対立概念ではなく、様々な理由から多くの女性が「働く女性(賃金労働者)」と「専業主婦
    18キロバイト (2,767 語) - 2020年5月5日 (火) 22:46



    (出典 koutsujiko.daylight-law.jp)


    日中は家にいない方がどちらも楽
    ずっといるとお互い大変

    1 ばーど ★ :2020/07/24(金) 12:19:48.81

    7月7日発表 明治安田総合研究所
    https://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2020/pdf/20200707_01.pdf

    新型コロナウイルスの影響で在宅勤務が普及する中、「夫がずっと家にいることで家庭不和になる」などとして
    専業主婦の4人に1人が夫の在宅勤務を望んでいないことが、民間の研究機関の調査でわかりました。

    明治安田総合研究所は先月、0歳から6歳までの子どもがいる男女1100人を対象に、
    新型コロナウイルスの感染拡大にともなう子育ての意識の変化についてインターネット上で調査しました。

    それによりますと、夫の7割、妻の5割が、「積極的に子どもの面倒を見るようになった」
    「子どもとの絆が深まった」などと前向きな回答をしたということです。

    一方で、妻の4割は、「夫による育児や、子どもにイライラすることが多くなった」
    などと子育てに関するストレスの増加がうかがえる回答をしていました。

    また、在宅勤務の状況について尋ねたところ、在宅勤務を行った男女のうち89%が「今後も行いたい」と答えています。

    一方、夫が在宅勤務をしていた専業主婦では、4人に1人が「今後は夫に在宅勤務をしてほしくない」と回答しました。
    その理由として「夫がずっと家にいることで家庭不和になり子どもに悪影響なため」と答えた人が37%と最も多くなりました。

    明治安田総合研究所は「外出自粛によって子育てに好影響があった夫と夫へのイライラが増加した妻との間で意識の差が鮮明になった。
    夫婦の間でふだんから子育ての方針について話し合い、ギャップを解消することが大切だ」としています。

    2020年7月24日 4時53分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200724/k10012530441000.html

    ★1が立った時間 2020/07/24(金) 08:44:49.22
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595555419/


    【【悲報】専業主婦さん 旦那が在宅勤務になったらストレスが…………】の続きを読む

    このページのトップヘ