ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: > 著名人


    山本 耕史(やまもと こうじ、1976年10月31日 - )は、日本の俳優、歌手。東京都新宿区出身。 身長179cm、体重65kg、血液型はB型。妻は元女優の堀北真希、義妹はアイデザイナーでファッションモデルのNANAMI。 0歳の頃から乳児モデルとして活動。
    67キロバイト (8,501 語) - 2021年2月12日 (金) 09:33



    (出典 dot.asahi.com)


    堀北真希ってそんな
    若くに結婚してたんだね

    1 jinjin ★ :2021/02/22(月) 19:28:26.98 ID:CAP_USER9.net

    山本耕史 北関東へ移住していた!堀北真希と田舎暮らし選んだ訳


    「山本さんは現在、2つの自宅を行き来しているそうです。仕事のときには東京のマンションで寝泊まりするそうですが、堀北さんと2人のお子さんが住んでいるのは北関東。1年ほど前から“2拠点生活”を送っているといいます」(芸能関係者)

    親友・香取慎吾(44)と共演するドラマ『アノニマス』(テレビ東京系)も好調な山本耕史(44)。
    収録の合間に、親しい関係者にそう話していたという。


    15年に結婚した妻・堀北真希(32)との間に16年に第1子、19年に第2子が誕生。一家は都内の高級マンションで暮らしていたが、昨年から山本は、妻と2人の子供たちが暮らす地方と、東京との往復生活を送っているというのだ。

    山本の知人によれば、芸能界から退いている堀北も北関東での育児生活を気に入っているそう。

    「夫妻の間では、しつけなどの育児ルールは奥さんが基本的に決めているそうです。真希さんはかねてから、できるだけ芸能界とは離れた環境で、なおかつ自然豊かな場所でのびのびと子育てをしたいと思っていたと聞いています。山本さんも真希さんも東京出身ですから、自然に囲まれた暮らしに憧れもあったようですね」


    40歳で第1子を授かった山本。2年前の雑誌のインタビューで、こう語っている。

    《家族ができて、あらゆることに対して価値観が変わりましたね。(略)たとえば少し前までは朝まで飲んで、次の日現場で完璧でいられることがカッコイイと思ってた。実際、自分もやってましたしね。でも今はそんなこと全然カッコイイと思わないんですよ。僕は今、守るべきものがあるほうが人は強いと思えて。自分のためだけだと、何に対しても怠けられてしまう。でも、守るべきものがあるとそうはいかない。そして、それが強さだと》(『STORY』19年2月号)


    ■山本の理想の父親像は「自分の父親」

    前出・山本の知人によれば、一家が北関東に引っ越したのは「田舎暮らし」だけが理由ではないという。

    「実は山本さんのお父さんが、リタイア後、そのエリアに移り住んだのだそうです。お母さんはいまも山本さんの事務所の社長、また、お兄さんも彼のマネージャーで多忙なため、東京で暮らしているんです。現在お父さんは80代半ばで高齢ということもあり、山本さんは真希さんと相談して近くに住むことを決めたといいます」

    山本はWEBのインタビューで、「理想の父親像は自分の父親」だと断言している。

    《毎日時間通りに帰って来て、遊んでくれた父は、一番の遊び相手でした。僕は、職業柄、毎日はできないけれど、できることがあれば極力やりたいし、今は何よりも子育てが楽しい! 家族で触れ合う時間をこれからも大切にしていきたいですね》(『FQ JAPAN』19年11月14日付)

    仕事以外のときは北関東へ帰り妻、子供、そして父と触れ合う時間を大事にしているのだろう。

    だが、まだまだ“新米パパ”の山本は、子育てに関してわからないことがあると“パパの先輩”に相談しているという。

    「大河ドラマ『真田丸』で一緒だった堺雅人さんとは、よく子育てトークをしているようです。堺さんの家も子供2人で、上の子が、山本さんの子より1歳上。だから保育園のこととか、わからないことが出てくると堺さんに聞き、丁寧なアドバイスをもらっているそうです」(テレビ局関係者)

    前出の芸能関係者は言う。

    「山本さんは『上の(4歳の)子が義務教育に入るまでは、この生活を続けようかな』とも話していました。その後の生活については検討中だそうです」

    結婚当時は「交際0日婚」と話題になった山本。だが、一家の育児方針は非常に計画的なようだ。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/7353677e92d5644c8790cc3c194870669a5a9368

    (出典 i.imgur.com)


    【山本耕史・堀北真希夫妻  田舎暮らしを選んだワケ】の続きを読む


    石黒 (いしぐろ けん、1966年1月31日 - )は、日本の俳優、タレント、キャスター、児童文学翻訳家。本名、同じ。翻訳家名、イシグロ ケン。 東京都出身。成城学園中学校高等学校、成城大学経済学部卒業。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。父は日本人初のプロテニス選手(元)の石黒修。
    39キロバイト (4,997 語) - 2021年2月2日 (火) 01:02



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    あーたしかに
    俳優さんも大変だ

    1 jinjin ★ :2021/02/22(月) 00:17:25.49 ID:CAP_USER9.net

    『とくダネ!』カツラ疑惑が浮上!? あまりに不自然な髪型に視聴者騒然…


    今年3月での番組終了が決まり、残すところあと1カ月ほどの放送となった『とくダネ!』(フジテレビ系)。
    波風立てず、残りを粛々と消化していくと思われた同番組に、まさかの〝大疑惑〟が浮上した。


    問題の放送は2月15日。
    この日、番組は東北地方を中心とした13日夜の大地震をトップニュースで報じ、続いてはついに日本でも接種が始まる新型コロナワクチンの情報と、重要なニュースを相次いで伝えた。

    その後に報じられたのは、女性差別発言で日本オリンピック委員会会長を辞任した森喜朗氏の後任に関する話題。
    一時は内定が伝えられた川淵三郎氏が固辞するなど混迷する人事に、コメンテーターの石黒賢は「なんで『私がやります』って人が出てこないんですかね?」と疑問を述べる。


    皮肉めいた疑問により、世論の溜飲を下げたこのコメント。
    しかし、視聴者が気にしたのは、石黒の〝口〟ではなく〝頭〟だった。


    MC・小倉智昭にウリ二つ!?

    なんとこの日の石黒、その頭が不自然なまでに隆起していたのだ。
    さらに、白髪交じりのもみあげに対し、その上の髪は黒々としたものに。
    額の生え際にいたっては水平線のように横一直線であり、髪との境目が、MC・小倉智昭とウリ二つな印象になっている。


    このあまりに不自然な髪型と隆起に、視聴者の間では、石黒の〝カツラ着用疑惑〟が浮上。

    ネット上には、

    《今日の髪型が… 近くで見ないと分からないけど、生え際に違和感》
    《今朝の石黒賢の髪型に違和感あった》
    《見れば見るほど違和感が…》
    《あれ、石黒賢もズラなの? も?》
    《ごめんなさい、カツラではなさそうでした。ただ、横からの映りが…そう見えただけです。ヘアメークさん、頑張ってください》
    《石黒賢さんの髪型違和感あったよな。カツラみたいな。コメンテーターの深澤女史は途中からウィッグになったし、小倉さんは言わずもがなだし》

    など、一部で騒然とする声があがっていった。


    生え際の印象が小倉にそっくりだった石黒。
    共演のよしみで、同じスタイリストや美容院でも紹介されたのだろうか。それとも…。

    https://myjitsu.jp/archives/263507


    (出典 i.daily.jp)


    【【騒然】とくダネ!出演者にかつら疑惑……『見れば見るほど違和感が』】の続きを読む


    GACKT(ガクト、1973年7月4日 - )は、日本の男性シンガーソングライター、俳優、実業家、YouTuber。沖縄県出身。本名は大城ガクト。旧芸名:Gackt(読み同じ)、別名義:神威 楽斗(かむい がくと、Gackt Camui)。日本のエージェンシーは株式会社グラブエンターテイメント。GA
    69キロバイト (5,522 語) - 2021年2月17日 (水) 15:46



    (出典 img.cinematoday.jp)


    いろいろ言われんだろうな
    勝手にすればよかったのに

    1 黄金伝説 ★ :2021/02/17(水) 13:37:44.63 ID:CAP_USER9.net

    愛犬を里子に出したという動画を投稿し、「犬はモノか」など多くの批判の声が寄せられていたタレントのGACKTさんが2月14日、ニコニコ生放送などで騒動について言及。
    それぞれのエゴがあるとした上で、批判する人が間違っているというつもりもないと話し、事態の説明をしました。


    GACKTさんは自身のYouTubeチャンネル「ちゃんねるがくちゃん」に2月10日、「GACKTが愛犬を里子に出しました」という動画を投稿。
    内容は、ポーカーの師匠にあたる人物の妻が14年連れ添った愛犬を亡くしペットロスに落ち込んでいることを聞き、元気づけようと、自らと5カ月ほど過ごした愛犬「フェンディ」を里子として渡したことを報告するもの。

    この動画が公開されると、自身の愛犬を里子として出す行為に批判が続出。
    動画には高評価の4倍を超える低評価がつけられコメント欄を閉鎖するほどの炎上状態となり、Twitterでも「これを美談と思っているのは恐怖」といった言及をはじめ、多くの批判の声があがっていました。


    そんな中、GACKTさんは2月14日、「ニコニコ生放送」や「17(イチナナ)LIVE」でこの事態に言及。
    「僕が炎上させているのではなく、勝手にみんなが火をくべる」と意図せぬ炎上騒動に苦笑しつつも、事態のいきさつをあらためて説明しました。

    それによると、GACKTさんが子犬を飼い始めた直後に知人夫妻のことを聞き、「ペットロスから立ち直るには新しい犬を飼うしかない。新しい思い出を作っていくしかない」という考えから、飼い始めたばかりのフェンディを育てないかと提案したとのこと。
    すぐに合意に至ったわけではなく、家族で話し合うためその日は持ち帰ったものの、後日、夫妻からその提案を受け入れる旨の回答をもらったGACKTさんは、お互いの仕事の都合もあるため、引き渡しのときまで自身が責任を持ってしつけ、連れて行ける段階になったら届けることを約束したのだと話しました。


    その上で、動画の公開により「自分の子を他人にやるのか」「犬はモノか」といった批判の声が大量に寄せられたことを明かし、
    「(愛犬を)モノ扱いして『はいどうぞ』といった感じで渡しているわけではない。もちろん愛犬と別れるのはつらいが、それ以上に、僕のお世話になっている人が苦しんで生活している姿を見るのはもっとつらい」と心境を告白。

     続けて、「僕のエゴは、自分の師匠のご家族が幸せになってもらえれば僕は幸いだというもの」だとして、例えば保護犬を紹介すればよいのではなかったのではないかといった声には、
    「その人のエゴと僕のエゴとは違う。みんなそれぞれのエゴでやっているので、何が正しくて何が間違っているかをいうつもりは毛頭ない」とそれぞれのエゴや考え方があり、自分のやってることが正しいと言いたいわけでもなく、批判の矛先を向ける人が間違っているというつもりもないと説明しました。


    ただ、内情やそれまでのいきさつも知らないで「ただ気に入らない」というだけで批判する人が世の中にはいると話し、最後は相次ぐ批判を思い出して少しヒートアップしたのか、「人の庭で騒ぐな。喧嘩売りたいなら買ってやるからこいや」と批判のための批判の声にくぎを刺しました。


    また、フェンディの里親になった人物も2月15日にTwitterで事態のいきさつを報告。
    それによると、2020年5月に愛犬をなくし、8月頃GACKTさんと会食し今回の話が出たこと、10月にGACKTさんが大坂までフェンディを連れてきてくれたこと、その後、フェンディのおかげで夢のような楽しい日々を過ごしていることなどを明かしながら、GACKTさんへの感謝をつづっています。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/92191e95a4e4c33786634a50599efba638572c03

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 Youtube)


    前スレ
    【芸能】GACKT「人の庭で騒ぐな。喧嘩売りたいなら買ってやるからこいや」  愛犬譲渡で“炎上” 相次ぐ批判にヒートアップ★6 [jinjin★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1613490382/


    【【炎上】愛犬騒動でGACKTも激怒!!!】の続きを読む


    坂上 (さかがみ しのぶ、1967年(昭和42年)6月1日 - )は日本の俳優、タレント、演出家、映画監督、司会者、コメンテーター、エッセイスト。かつてはロック歌手としても活動していた。東京都杉並区西荻窪出身。 4歳上の兄(元子役で現在は映画プロデューサーの坂上
    105キロバイト (13,886 語) - 2021年2月14日 (日) 05:51



    (出典 dot.asahi.com)


    こー言う人だからしょうがない
    面白いから言ってるんでしょうが

    1 :2021/02/17(水) 19:44:33.33 ID:CAP_USER9.net

    フジテレビ系情報番組「バイキングMORE」司会の坂上忍さん(53)の以前の発言を元にし、フジのコンテンツストアで配信していた「着ボイス」について、同局は2021年2月17日午後、配信を停止した。「ブスは嫌い!」などの種類が含まれていた。

    坂上さんを巡っては、その過去の発言から、東京五輪組織委会長だった森喜朗氏の「女性蔑視」発言に苦言を呈するなどしていることに、ネット上で疑問の声が相次いでいた。フジテレビでは、配信停止の理由について、「不適切な内容が含まれていた」と説明している。

    森氏発言を「呆れるしかない」と批判

    森氏の発言に対しては、坂上さんは、2021年2月4日放送の「バイキングMORE」で、「呆れるしかない」と批判した。

    「男女平等に関しても政治の世界が一番遅れてる」として、「ああいった会見って、一番大事なのは質疑応答になったときにその人の人間性だったり本音だったりが透けて見えてくる」とも指摘した。

    また、8日には同番組で、森氏を説得して辞任を翻意させた組織委にも矛先を向け、こう断じた。

    「これでも情けないのは、こういうことが起こって、周りが『いやいや、いま森さんに辞められたら...』ってみんな引き留めたっていう、あのオッサンたち。何やっとんねんっていう話。同罪ぐらいだと思うよ」

    こうした坂上さんのコメントが続くと、ツイッター上などでは、坂上さんの過去の発言が蒸し返されて、ブーメランになるとの疑問や批判が相次いだ。

    坂上さんと言えば、フジ系「笑っていいとも!」に2012年に出演し、「仕事とブスが大嫌い」などと発言して、皮肉なことに仕事が軒並み増えたという。

    その後は、俳優よりもタレントしての露出が増え、フジ系のバラエティ番組「アウト×デラックス」で、「女は顔だ!」「ブスは嫌いなんですよ」「ブスは家から出るな」などと毒舌を吐いて、さらに話題を集めた。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/J-CAST ニュース
    https://www.j-cast.com/2021/02/17405319.html


    【『ブスは嫌い』坂上忍の着信ボイス 配信停止www】の続きを読む


    清水 宏次朗(しみず こうじろう、1964年11月10日 - )は、日本の俳優、歌手。東京都生まれ。身長176cm、体重65kg。所属事務所はFillmore Far East Inc.。現在は兵庫県神戸市長田区在住。 高校在学中に竹の子族の一人として原宿で踊っていたところをスカウトされ、芸能界入り。竹
    33キロバイト (3,770 語) - 2021年2月15日 (月) 09:02



    (出典 i.daily.jp)


    こんな顔だっけ
    もっと男前だったよーな

    1 フォーエバー ★ :2021/02/17(水) 17:17:33.54 ID:CAP_USER9.net

    1985年に公開された映画『ビー・バップ・ハイスクール』。『週刊ヤングマガジン』の人気連載漫画を実写化した同作は、大ヒットを記録し、日本全国のヤンキーを熱狂させた。6本のシリーズ作品となった名作映画の誕生から35年が過ぎ、“ビー・バップ軍団” は、どんな大人になっているのだろうか。

     まずは、『映画「ビー・バップ・ハイスクール」血風録 高校与太郎大讃歌』(辰巳出版)著者の名和広氏に、その魅力を聞いた。

    「出演者が、一般公募された本物のヤンキーだったというのは、インパクトがありましたね。ヒロシ役の清水宏次朗さんは、すでに俳優として活躍中でしたが、トオル役の仲村トオルさんや愛徳一家のメンバー、各作の敵キャラは、ほとんどがオーディションで選ばれた若者たち。作品が進むにつれ、彼らの演技が洗練されていくんです。

     第4作『高校与太郎狂騒曲』で、トオルが真面目な学生を装い、ダブルデートをする場面があるんですが、饒舌にしゃべっていたトオルが、女のコから進学について聞かれると、『心臓が弱くサナトリウムに入っていて1学年遅れた』と言い訳します。

     この棒読みのような台詞回しは、遊び心の一環。1作めでは、こんな余裕を持った芝居はできなかった。役者の成長までも撮影した、稀有な作品ですね」

    「愛徳の加藤」こと、ヒロシは強烈なハマリ役だった。しかし清水宏次朗さん(56)は、原作漫画も読んだことがなかったという。

    「最初は、教師役だと思ってオーディション会場に行ったら、剃り込みがすごいのとか、パンチパーマとか、バカばっかりいるじゃん(笑)。

    『コイツらの教師役は大変だなあ』と思ってたら、ヒロシの役に決まったんだけど、よくわかっていなかった。『僕は何役なんですか?』って聞いたら『お前、ビー・バップ読んでねえのか!』って怒られて(笑)」

     撮影中はトラブルが日常茶飯事だったという。

    「助監督とか制作のコたちって、立場的には自分が上だと思ってるから、出演者に対しては『使ってやってんだ』くらいの感覚じゃない。そりゃ反発するよ(笑)。

     ボッコボコにやられたスタッフが俺に泣きついてきたので、不良連中に『向こうは真面目くんなんだから、やめちゃうかもしれないだろ』とか言ってたら、本当にスタッフ3人ぐらいが故郷に帰っちゃった(笑)」

     シリーズ全作を監督した那須博之氏も、バリバリの武闘派。走行中の電車から飛び降りる、ボタ山の頂上から車椅子に固定されて落ちる、巨大風船に乗せて飛ばされるなど、強烈なアクションシーンは今でも伝説になっている。

    「那須さんはヒステリックでドSだから、無茶苦茶なことをさせるわけよ(笑)。いちばん無茶苦茶だったのは6作めの『完結篇』。

     最後、スケートリンクで撮影だったんだけど、俺がパラシュートで降りてくるクライマックスで、氷の下にシャチを入れて、ぶち破って出てくるってのをやりたいって真顔で言うんだ。『シャチがヒロシに襲いかかるから、それを倒すんだ!』って、無理に決まってんだろ(爆笑)。

     車椅子に固定されてボタ山から落とされたときも、4回めの転倒で肩を脱臼して救急車で運ばれて、痛み止めを打って現場に戻ったら『撮影続行』って言うんだから。役者を人間だと思ってないからね(笑)。最後のシーンの撮影が終了したときに、みんなで監督を抱え上げて、真冬の海に放り込んでやったよ(笑)」

     以後もVシネマや映画、ドラマなどで活躍した清水さんだが、2010年ごろから不安障害、アルコール依存症などに起因する原因不明の体調不良に悩まされた。

    「4年前、病院に行ったら腹水が5リットル以上溜まってて、いろいろ検査したら『膵臓に穴が開いてる』って言われて即入院。手術しないで、パイプを通して穴を塞いだんだよ。医者が『このままの生活してたら余命1カ月だね』って言うからふざけんなよって思ってね。

     でも、半年入院のはずが1カ月半で退院できた。医者は奇跡だって言ってたよ。肝臓の数値も引っかかってたからね。全部、原因は酒なんだよね。今は、嗜む程度ってことで(笑)」

     現在は活動再開に向けて、ユーチューブなどを始めた。

    「まずは体を治すのが一番。それと春くらいにテル(白井光浩さん)の作る作品に出るってこと。

     あとは『もう一回、歌ってほしい』って声が、けっこうあるんですよ。10年前に30周年のツアーをやったから、また近い将来、ライブなんかもやろうって話してます」

    2021年2月17日 16時0分 Smart FLASH
    https://news.livedoor.com/article/detail/19711466/

    (出典 i.imgur.com)


    【【別人?】清水宏次朗『膵臓に穴が開いている』余命宣告されてた!!】の続きを読む

    このページのトップヘ