ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: > 補償


    観光業(かんこうぎょう)とは、観光に関連する業種の総称をいう。 余暇活動や宗教活動による消費にて支えられている産業であり、旅行業(旅行代理店等)、宿泊業(観光ホテル等)、飲食業、運輸業(航空会社、バス会社・タクシー会社等)、製造業(名産品、お土産製造等)、娯楽・レジャー産業
    10キロバイト (1,625 語) - 2020年7月5日 (日) 10:46



    (出典 www.jtb.co.jp)


    GoTo始まっても意外と
    どこも出かけない人多いかも

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/10/07(水) 14:16:32.31

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で、経済的な打撃を受けた観光産業の団体が、支援策の必要性を訴えた。

    ホテル、旅行、レジャー施設などの関連産業で働く労働者で構成される「サービス・ツーリズム産業労働組合連合会(サービス連合)」は10月7日、
    東京・霞が関の厚労省記者クラブで会見を開いた。

    Go To トラベルなど、既存の支援策にも助けられているが、それでも十分ではなく「恐縮ですが、現状は本当に厳しい」として、更なる支援を求めた。

    サービス連合の後藤常康会長は、観光産業は来年度が始まるまでに、崩壊してしまうと警鐘を鳴らす。

    「観光産業は正直、いま耐えているが、足元では、希望退職、整理解雇をする事業主さんも出てきた。
    雇用を守るのは、現状、厳しいと言わざるをえない」

    同連合では、雇用調整助成金や既存の融資だけでは、経営や雇用を守れないとして、
    6月22日に「観光産業の維持・再生にむけた緊急要請」をつくった。

    このなかで、他業種も広く利用できる「持続可能給付金」の創設を提言する。
    「従業員の解雇、給与水準の減額があった場合は全額返済」の条件で、1年分の人件費など事業経費を融資のかたちで提供するもの。

    しかし、これまでに観光庁や農水省などの各省庁、自民党などの政党に、支援を訴えかけているが、「既存の仕組みを使って」と反応はかんばしくないという。
    今後も財務省など省庁や関連団体への働きかけを進めるとともに、雇用調整助成金の年度末の延長も求めていく。

    政府の観光支援策「Go To トラベル」も始まったが、「4~5月にくらべれば前進でも、まだまだ。利用客の足がまだ遠のいている」と表情は決して明るくない。

    Go To トラベルを原因とする感染者数が多くないと聞いていることから、「Go Toで感染拡大したとは認識していない」として、利用を求めていた。
    https://www.bengo4.com/c_5/n_11815/


    【【崩壊】観光産業「現状は本当に厳しい」…更なる支援求む……………】の続きを読む


    【疑問】加入期間が短い人の ‟年金受給額”はどのくらいなの??

    今と将来じゃまた違ってくるかもだけど
    だいたいは知りたい

    NO.8762145 2020/08/17 10:08
    厚生年金と国民年金、加入期間が短い人の受給額はどれくらい?
    厚生年金と国民年金、加入期間が短い人の受給額はどれくらい?
    就職すると厚生年金に加入し、無職の時期や専業主婦(主夫)・自営業の人は国民年金加入対象者となります。

    年金の加入内容は人それぞれですが、将来、どのくらいもらえるものなのでしょうか。

    老後の収入の柱となる公的年金について、厚生労働省の「平成30年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」(2018年)から国民年金や厚生年金の受給額を見ていきましょう。

    ■国民年金、みんなの受給額は?
    国民年金は40年間保険料を支払うと満額受給者となり、年約78万円(月額約6万5,000円)を受け取ることができます。

    まずは国民年金の受給者全体の金額は以下の通りです。

    65 歳未満のデータは、受給を前倒しする「繰上げ支給」を選択した人の金額となります。

    前倒しのため受給割合が減り、金額的にも少なくなっていますが、全世代でおおよそ5万6,000円前後だということが分かります。

    ■厚生年金の平均受給額は?
    次に厚生年金の平均受給額について、年齢別にみていきましょう。

    厚生年金は65歳からは、14万〜15万円ほどとなっています。

    ■加入期間が短い場合の受給額は?
    現在、国民年金を受給するには、納付期間10年以上が要件となっています。

    以前は25年でしたが、2017年8月1日より資格期間が短縮され、納付期間が足りなかった人も受け取ることが可能となりました。

    では、加入期間が短い場合は一般的にどのくらいの受給額になるのでしょうか。

    資格期間25年未満のケースについて、国民年金のみの場合と、厚生年金加入者の場合に分けて、受給額を見ていきましょう。

    加入年数が短い場合、国民年金のみでは月額1〜3万円程度、厚生年金にも加入していた人は月額6〜8万円の範囲の人が多いようです。

    国民年金25年未満受給権者の平均年金月額は1万9,061円、厚生年金は5万9,998万円となっています。

    厚生年金の第1号被保険者は、厚生年金と国民年金の両方に加入していることになり、厚生年金は給与(標準報酬月額)の階層と加入期間により年金額が決まりますので、国民年金のみの人とは差が生じます。



    【日時】2020年08月16日 17:46
    【ソース】LIMO
    【関連掲示板】


    【【疑問】加入期間が短い人の ‟年金受給額”はどのくらいなの??】の続きを読む

    このページのトップヘ