ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: 収入減


    タクシー(英語: taxi)とは、旅客が旅客自動車の運転手に乗車の申し込みを行い、個別契約で旅客輸送を行う公共交通機関、およびその用に供する車両等である。通常、旅客自動車が法令違反にならない場所(横断歩道前後や交差点から一車長分は法令により禁じられている)を、目的地に指定できる。一般的に自動車が用される。離島などでは船舶の場合もある。
    21キロバイト (2,633 語) - 2020年10月7日 (水) 11:56



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    解雇されちゃった人たち
    どーすんだろ

    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/11/24(火) 17:41:25.49

    毎日新聞2020年11月24日 16時55分(最終更新 11月24日 17時10分)

     新型コロナウイルス感染拡大の影響で5月から休業している北海道旭川市春光のタクシー会社「すずらん交通」が「第3波」の到来を受け、全運転手54人を今月解雇した。斎藤康嗣常務は「このままでは会社も従業員も共倒れになる。苦渋の決断だ」と語った。同業者からは「地域の足」が不足することへ懸念も出ている。

     同市周辺では運転手の待遇改善のため、2月に初乗り運賃が580円から670円に上がり、同社の経営にも弾みがついた。しかし、2月下旬に出された道独自の緊急事態宣言の余波で3月の売り上げは前年同期比4割減、4月には半減し、5月に全面休業に入った。

     国の雇用調整助成金を人件費に充てるなどして営業再開の機会をうかがってきたが、新型コロナの流行が「第3波」を迎えたことで「再開しても繁忙期が来るとは思えない」と解雇を決断。労働組合にも「厳しい経営状況でやむを得ない」と理解を得た。ただ、「コロナが収束すれば再開したい」として事務職員2人は残した。

          ===== 後略 =====
    全文は下記URLで

    https://mainichi.jp/articles/20201124/k00/00m/040/166000c


    【【悲痛】このままでは共倒れ……旭川のタクシー運転手‟全員解雇”!!!】の続きを読む


    国家公務員(こっかこうむいん)は、公務員のうち、国家機関や行政執行法人などに勤務する者を指す。 日本の国家公務員は、公務員のうち、国家機関や行政執行法人に勤務する者を指し、国家公務員法が適用される。 職による区分 特別職と一般職に分けられ、一般職には国家公務員法が適用される。また、雇用形態として常勤と非常勤に分けられる。
    16キロバイト (2,447 語) - 2020年9月19日 (土) 19:28



    (出典 ashita-team.com)


    今更ながら
    公務員さん羨ましいです

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/12(木) 22:52:32.10

    (略)

    ■「ボーナス0.05カ月分削減、月給は維持」が「民間並み」

     そんな中で、国家公務員の月給とボーナスの改定を求める「人事院勧告」が出された。通常は8月に勧告が出され、秋の臨時国会で「給与法」が改正されるが、今年は新型コロナで民間の動向が見えないとして、勧告が遅れていた。国家公務員の給与改定は「民間並み」が原則となっているためだ。

     人事院は10月にまず国家公務員のボーナス(期末・勤勉手当)の「引き下げ」を求める勧告を出した。ボーナスの引き下げ勧告は東日本大震災時以来、10年ぶりだ。引き下げ幅は「0.05カ月分」で、4.45カ月の支給を求めた。その後、10月28日に月給の改定勧告が出された。内容は「据え置き」。据え置かれるのは7年ぶりとのことである。

     これを受けて政府は11月6日に「人事院勧告の完全実施」を決め、給与法改正案を閣議決定した。開会中の臨時国会で審議され、可決成立する見込みだ。

     しかし、「ボーナス0.05カ月分削減、月給は維持」というのが「民間並み」というのだから恐れ入る。新型コロナの影響を受けていない優良企業だけをサンプルにでもしなければ、そんな数字は出てこないだろう。

    ■2014年度から6年連続で公務員の月給引き上げを求めてきた

     人事院はこれまで、民間賃金は伸びているとして、2014年度から6年連続で公務員の月給引き上げを求めてきた。今年については、人事院は4月の公務員月給は40万8868円で、同じ月の民間給与と比較した場合、公務員が0.04%(164円)上回ったが、格差が極めて小さいので、改定の必要はないとしたという。

     勧告を遅らせて調査をしたにもかかわらず、新型コロナの影響がまだ給与面には出ていないと思われる4月を基準にしたのだ。その後、民間企業の給与が下がっていくことは容易に予想されたはずだが、そこはあえて見ずに済ませたということだろう。

     ちなみにボーナスがカットされたことによって、平均年間給与は2万1000円減って673万4000円(平均年齢43.2歳)になるという。0.3%の減少にあたる。ちなみにこの平均には高給の幹部職員は含まれていない。「霞が関の縦割り打破」などを掲げて、一見公務員に厳しい姿勢で臨むように思われた菅義偉内閣も、あっさり、この人事院勧告を受け入れた。

    ■失業リスクがある分、民間給与は高くて当たり前

     この民間からみれば甘々の「ボーナス0.05カ月分削減、月給据え置き」についても国家公務員の間からは不満の声が聞こえる。「新型コロナと戦うエッセンシャル・ワーカーであるわれわれのボーナスが減らされるのは納得がいかない」というのだ。その気持ちも分からないではないが、厳しい状況に直面する民間企業の従業員からみれば、うらやましい限りの「公務員天国」であることは間違いない。

     今、ANAに限らず民間企業では、「失業の恐怖」に直面している人が少なくない。今のところ非正規雇用者が「削減」の対象で、現状の統計では正規雇用者は増えている。だが、多くの企業が「希望退職」の募集などを打ち出しており、来年に向けて職を失う人が正規雇用でも増えてくることになりそうだ。

     まさにANAをひとごととは思えない人たちが増えているわけだ。一方で、国家公務員は身分保障があり、失業とは無縁だ。本来、失業リスクがある分、民間給与が高くて当たり前なのだが、今はむしろ逆になっている。

     本来、国は、深刻な財政赤字に陥っているのだから、給与削減に努めるのが普通だろう。アベノミクスによって税収が増え、バブル期を上回ったが、それを良いことに給与を増やし続けてきた。国は借金返済よりも人件費を含む歳出の拡大に動いたのだ。

    全文はソース元で
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d5f34633266608c267c500a564d4245a2cce93f4?page=1

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    ★1 2020/11/12(木) 21:29:32.66
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605184172/


    【【不満】国家公務員‟ボーナス0.05か月削減”  民間は失業の恐怖もあるのに……】の続きを読む


    橋本甜歌 (てんちむからのリダイレクト)
    橋本 甜歌(はしもと てんか、1993年11月19日 - )は、日本の女性タレント、モデル、YouTuber。愛称はてんちむ子。 中華人民共和国北京市生まれ。父が日本人で母が中華人民共和国出身のハーフ。小学校1年生のとき芸能活動を開始する。2004年4月、小学校5年生のときNHK教育『天才てれ
    19キロバイト (2,490 語) - 2020年10月12日 (月) 09:51



    (出典 cdn.logtube.jp)


    しょうがないね
    頑張って下さい

    1 牛丼 ★ :2020/11/09(月) 22:31:18.56 ID:CAP_USER9.net

    てんちむ
    @tenchim_1119
    【ご報告】破産寸前になりました

    (出典 Youtube)

    10/31を持ちまして、モテフィットの返金対応申請を締め切りました。購入者の皆様、改めて申し訳ございませんでした。
    今後、YouTubeと両立して銀座のClubNanaeさんと六本木のバーレスク東京さんの方で働かせて頂くことになりました。

    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    https://mobile.twitter.com/tenchim_1119/status/1325725986835492865

    モテフィット返金で「破産寸前」のてんちむ、
    銀座のクラブで完済まで働くことに
    https://ytranking.net/blog/archives/40393

    豊胸の事実を隠していたことや過去の薬物使用が明らかとなり炎上したYouTuber・てんちむが2日、「炎上中、ガチで家を失った」と題した動画を公開。これまで暮らしていたタワーマンションからワンルームのアパートへ引っ越したことを報告した。

    2016年に所属事務所を退所し、フリーとしてYouTube活動を開始。「てんちむCH」は2020年9月時点でチャンネル登録者数134万人を突破。日本のトップインフルエンサーの1人として広告業界で引っ張りだことなり、直近の推定年収は約3億円と言われる
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18996657/
    (deleted an unsolicited ad)


    【【転落】てんちむさん破産寸前‼‼ 銀座のクラブで働くことに…………】の続きを読む


    YouTube YouTube Kids Official YouTube Blog YouTube Japan Blog YouTube - YouTubeチャンネル YouTube Japan - YouTubeチャンネル YouTube - Facebook YouTube Japan
    103キロバイト (12,168 語) - 2020年11月3日 (火) 03:56



    (出典 www.youtube.com)


    そんなに減るー
    かわいそうに

    1 リバースネックブリーカー(東京都) [MA] :2020/11/08(日) 20:05:53.62


    ユーチューバーとは、YouTubeに動画を掲載している人たちのこと。再生回数が上がるたびに収入が増えていくため、人気者のユーチューバーほど高収入。

    トップクラスのユーチューバーになるとタワーマンションや高級住宅に住めるほどの富豪にもなれるのだが、そんなユーチューバーたちが涙目になりながら悲鳴を上げている。

    ・動画13万回再生でも激安160円!?
    いままではYouTubeから一定の収益を得られていたが、突如として収益が激減し、生活できないレベルに陥っているというのだ。

    一部のユーチューバーの情報によると、13000回以上も再生されておきながら、収益が16円だったという。その数字が正しければ、13万回再生でも160円、130万回でも1600円しか収益が出ないことになる。

    ・嘆くユーチューバーに同情する声
    ほかにも「収益が90%減少」「ゼロになった」というユーチューバーもおり、収益が激減して困窮しているユーチューバーたちに対して「好きなことして生きた結果がこれか」「かわいそうにのう」「悔しいのう」などの同情する声がでている。

    ・視聴者の喜びを第一に考えたユーチューバーは困らない
    YouTubeはお金儲けの場ではなく、好きなことをするための場であり、視聴者を喜ばせるためにやってきたというユーチューバーは多い。再生回数や収益の増加はどうでもよく、視聴者が喜んでくれることを第一に考えた、真のエンターテイナーユーチューバーだ。

    それゆえ「お金が入らないならやらない!!」「収入減つらい!」「楽しみの対価でカネもらって何が悪い!!」と言って焦っている商売系ユーチューバーはごく一部との声もあるが、はたしてどうだろうか。

    (以下略)


    (出典 buzz-plus.com)

    https://buzz-plus.com/article/2020/11/08/youtubers-income-plummeted/


    【【悲鳴】YouTuber収益激減!!!『好きなことして生きてきた結果がこれか』w】の続きを読む


    運航中の旅客機の客室において緊急時の誘導などの保安業務や乗客へのサービスを行う乗務員はキャビンクルー(英語: cabin crew)、フライトアテンダント(英語: flight attendant)と呼ばれる。日本ではCA(シーエー)ないしキャビンアテンダントとよばれることが多い(#日本での呼称を参照)。本記事では旅客機の客室乗務員について詳述する。
    68キロバイト (9,943 語) - 2020年11月1日 (日) 23:19



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    飛行機は乗らなくなったしね
    本当に可哀想です

    1 シャチ ★ :2020/11/02(月) 12:12:14.33

     「便数激減で、大半のCA(客室乗務員)は乗務手当がほぼゼロの状態。そこにきて、慣れない仕事に配置換えして手当も支払わないなんて……」


     不満の声を上げるのは、JALの現役CAだ。

     JALは11月から、新事業「ふるさと応援隊」を始めると発表した。

     長引くコロナ禍で、同社の国際線は約88%の減便となっている。そのせいで余剰人員となったCAに、乗務以外の仕事を割り当てる苦肉の策だ。

     具体的には何をするのか。JAL幹部が言う。

     「全社で約6000人のCAのうち約1000人に、月に数日は客室乗務をしてもらいながら、残りの日は全国の観光地のイベントの手伝い、特産品PRなどに携わってもらう予定です」

     この唐突な配置転換策にJAL社内でブーイングが広がっている。理由のひとつは、業務内容がはっきりしないことだ。同社中堅社員が話す。

     「ANAが10月7日に『賃金3割カット』を発表したのを見て、『ウチもコロナ対策を出さないと』と、生煮えのまま焦って発表した施策なんです。

     アンテナショップで働くという話も出ていますが、販売のプロでもないCAをいきなり現場に投入して、効果が上がるとは思えない。コンパニオンをさせるつもりか、という声すらある」

     もうひとつ不満を招いているのが、冒頭のCAも述べた通り、馴染みの薄い地方に派遣され、全く新しい仕事を割り当てられるのに、手当などは支給されないこと。彼女らの窮状はまったく改善しないのだ。

     いまCAの懐事情は極めて厳しい。コロナ前には東京五輪に備えた国際線増便で、月収30万円を超えるのが普通だったが、現在はほぼ基本給のみが支払われている状態だ。

     「若手は手取り15万円ほどで、最低賃金並みです。パイロットには、コロナ禍でも30万円以上の給与が保障されているのに」(冒頭のCA)

     別のCAも、今回の新事業について「家賃を払うのにも苦労している最中、タダ働き同然の仕打ちでがっかり」と肩を落とす。コロナは、女性の「憧れの職業」をも徐々に破壊している。

     『週刊現代』2020年10月24・31日号より
    https://news.yahoo.co.jp/articles/266d1d02bfd3fe6c04b8d902dd135a4e3a70f11d
    ★1 2020/11/02(月) 09:46:34.60
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604282395/


    【【悲惨】コロナのせいで……CAさん 慣れない仕事に不満の声!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ