ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: 収入減


    YouTube YouTube Kids Official YouTube Blog YouTube Japan Blog YouTube - YouTubeチャンネル YouTube Japan - YouTubeチャンネル YouTube - Facebook YouTube Japan
    103キロバイト (12,168 語) - 2020年11月3日 (火) 03:56



    (出典 www.youtube.com)


    そんなに減るー
    かわいそうに

    1 リバースネックブリーカー(東京都) [MA] :2020/11/08(日) 20:05:53.62


    ユーチューバーとは、YouTubeに動画を掲載している人たちのこと。再生回数が上がるたびに収入が増えていくため、人気者のユーチューバーほど高収入。

    トップクラスのユーチューバーになるとタワーマンションや高級住宅に住めるほどの富豪にもなれるのだが、そんなユーチューバーたちが涙目になりながら悲鳴を上げている。

    ・動画13万回再生でも激安160円!?
    いままではYouTubeから一定の収益を得られていたが、突如として収益が激減し、生活できないレベルに陥っているというのだ。

    一部のユーチューバーの情報によると、13000回以上も再生されておきながら、収益が16円だったという。その数字が正しければ、13万回再生でも160円、130万回でも1600円しか収益が出ないことになる。

    ・嘆くユーチューバーに同情する声
    ほかにも「収益が90%減少」「ゼロになった」というユーチューバーもおり、収益が激減して困窮しているユーチューバーたちに対して「好きなことして生きた結果がこれか」「かわいそうにのう」「悔しいのう」などの同情する声がでている。

    ・視聴者の喜びを第一に考えたユーチューバーは困らない
    YouTubeはお金儲けの場ではなく、好きなことをするための場であり、視聴者を喜ばせるためにやってきたというユーチューバーは多い。再生回数や収益の増加はどうでもよく、視聴者が喜んでくれることを第一に考えた、真のエンターテイナーユーチューバーだ。

    それゆえ「お金が入らないならやらない!!」「収入減つらい!」「楽しみの対価でカネもらって何が悪い!!」と言って焦っている商売系ユーチューバーはごく一部との声もあるが、はたしてどうだろうか。

    (以下略)


    (出典 buzz-plus.com)

    https://buzz-plus.com/article/2020/11/08/youtubers-income-plummeted/


    【【悲鳴】YouTuber収益激減!!!『好きなことして生きてきた結果がこれか』w】の続きを読む


    運航中の旅客機の客室において緊急時の誘導などの保安業務や乗客へのサービスを行う乗務員はキャビンクルー(英語: cabin crew)、フライトアテンダント(英語: flight attendant)と呼ばれる。日本ではCA(シーエー)ないしキャビンアテンダントとよばれることが多い(#日本での呼称を参照)。本記事では旅客機の客室乗務員について詳述する。
    68キロバイト (9,943 語) - 2020年11月1日 (日) 23:19



    (出典 dol.ismcdn.jp)


    飛行機は乗らなくなったしね
    本当に可哀想です

    1 シャチ ★ :2020/11/02(月) 12:12:14.33

     「便数激減で、大半のCA(客室乗務員)は乗務手当がほぼゼロの状態。そこにきて、慣れない仕事に配置換えして手当も支払わないなんて……」


     不満の声を上げるのは、JALの現役CAだ。

     JALは11月から、新事業「ふるさと応援隊」を始めると発表した。

     長引くコロナ禍で、同社の国際線は約88%の減便となっている。そのせいで余剰人員となったCAに、乗務以外の仕事を割り当てる苦肉の策だ。

     具体的には何をするのか。JAL幹部が言う。

     「全社で約6000人のCAのうち約1000人に、月に数日は客室乗務をしてもらいながら、残りの日は全国の観光地のイベントの手伝い、特産品PRなどに携わってもらう予定です」

     この唐突な配置転換策にJAL社内でブーイングが広がっている。理由のひとつは、業務内容がはっきりしないことだ。同社中堅社員が話す。

     「ANAが10月7日に『賃金3割カット』を発表したのを見て、『ウチもコロナ対策を出さないと』と、生煮えのまま焦って発表した施策なんです。

     アンテナショップで働くという話も出ていますが、販売のプロでもないCAをいきなり現場に投入して、効果が上がるとは思えない。コンパニオンをさせるつもりか、という声すらある」

     もうひとつ不満を招いているのが、冒頭のCAも述べた通り、馴染みの薄い地方に派遣され、全く新しい仕事を割り当てられるのに、手当などは支給されないこと。彼女らの窮状はまったく改善しないのだ。

     いまCAの懐事情は極めて厳しい。コロナ前には東京五輪に備えた国際線増便で、月収30万円を超えるのが普通だったが、現在はほぼ基本給のみが支払われている状態だ。

     「若手は手取り15万円ほどで、最低賃金並みです。パイロットには、コロナ禍でも30万円以上の給与が保障されているのに」(冒頭のCA)

     別のCAも、今回の新事業について「家賃を払うのにも苦労している最中、タダ働き同然の仕打ちでがっかり」と肩を落とす。コロナは、女性の「憧れの職業」をも徐々に破壊している。

     『週刊現代』2020年10月24・31日号より
    https://news.yahoo.co.jp/articles/266d1d02bfd3fe6c04b8d902dd135a4e3a70f11d
    ★1 2020/11/02(月) 09:46:34.60
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604282395/


    【【悲惨】コロナのせいで……CAさん 慣れない仕事に不満の声!!!】の続きを読む


    ネイバー (企業) > LINE (企業) > LINE (アプリケーション) LINE(ライン)は、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、ならびに同サービスにおけるクライアントソフトウェア、アプリの名称である。 韓国NHN株式会社(現:ネイバー株式会社)傘下(100%子会社)の日本法人NHN
    115キロバイト (14,475 語) - 2020年10月28日 (水) 16:14



    (出典 bitwave.showcase-tv.com)


    先行投資ね
    色々やりすぎたんかな

    1 へっぽこ立て子@エリオット ★ :2020/10/28(水) 20:32:29.50 ID:CAP_USER.net

    LINE[3938]が28日発表した2020年1~9月期の連結決算(国際会計基準)は、最終損益が291億円の赤字(前年同期は339億円の赤字)だった。スマートフォン決済「LINEペイ」や、野村ホールディングス[8604]と手がける「LINE証券」など金融事業を中心にシステム開発などの先行投資がかさんだ。

    LINEはZホールディングス[4689]と統合を予定し、21年春にも上場廃止になる見通し。今回が上場企業として最後の決算発表になる可能性がある。

    1~9月期の売上高にあたる売上収益は8%増の1802億円だった。主力の広告事業がけん引役で、アプリ内に表示するディスプレー広告の売り上げは47%増の509億円だった。アプリの国内利用者数は8600万人と400万人増えた。

    営業損益は71億円の黒字(前年同期は275億円の赤字)だった。一部子会社が連結を外れ、「支配喪失による利益」として約280億円を営業収益に計上した。金融などの「戦略事業」は500億円の赤字(前年同期は524億円の赤字)だった。20年12月期通期の業績予想は公表していない。

    2020/10/28 19:36
    日本経済新聞
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65564760Y0A021C2DTA000/


    (出典 drfone.wondershare.jp)


    【【悲報】LINE 291億円の赤字wwwww】の続きを読む


    ボーナス 業績などに応じて与えられる特別手当、賞与のこと。 上記に転じて、各種ゲームなどにおいて、特別に与えられる得点やサービスのこと。買い物のポイントサービスそのものや、特別にポイントが追加されたりする場合のこと。 パチスロのボーナスゲームのこと。サミー社のパチスロ・玉緒でポンでは、棒にナス
    959バイト (125 語) - 2019年12月2日 (月) 11:47



    (出典 ovo.kyodo.co.jp)


    最悪だ
    コロナめ

    1 ブギー ★ :2020/10/25(日) 02:31:19.02

    新型コロナウイルスの感染拡大は、多くの企業にネガティブな影響を与えた。そして、起きるのが、業界を問わない冬の「ボーナス崩壊」だ──。

    【表】新型コロナの影響で大きくダウン…、景気変動を表す「景気動向指数」の推移
    http://www.moneypost.jp/717137/image/2

    「機械部品加工メーカーに勤める夫から、『冬のボーナスがなくなりそうだ』と告げられました。減ることは覚悟していましたが、まさかゼロとは……。ウチには幼い子供が2人いて、これまで特別定額給付金や貯金でなんとかしのいできましたが、ボーナスなしでは12月のボーナス払いの住宅ローンが払えず、貯金をもっと取り崩して生活しなくてはなりません」

     都内在住の30代主婦はそう頭を抱える。例年ならばこの時期は、冬のボーナスを何に使うかで心がウキウキするはずだ。だが今年は思いもよらなかった新型コロナウイルス流行による各社の業績低迷で、冬のボーナスは「厳冬」が予想される。

     すでにマイホームを手放した人もいる。夫が飲食関係で働く千葉県在住の40代女性が打ち明ける。

    「新型コロナの影響で店の売り上げは壊滅的。夫の給料が半分に下がり、夏のボーナスももらえませんでした。私も働いていた飲食店のパートを解雇されました。貯金でやりくりしていましたが、もう底をつきそうです。残り1000万円ほどある住宅ローンの支払いも滞っていました。夏過ぎに裁判所から競売開始決定通知書が届き、マイホームを差し押さえられました。なんとか任意売却に切り替えられましたが、いまは主人の実家で細々と生活をしています」

     4月には緊急事態宣言が出され、ステイホームや自粛、時短勤務などで経済が低迷し、各企業の業績が悪化した。まず負の影響が出たのが夏のボーナスだ。ニッセイ基礎研究所上席エコノミストの上野剛志さんが指摘する。

    「厚労省が大企業を中心に調査した結果、夏のボーナスは全体で2.1%減でした。なかでも鉄鋼、化学、機械、運輸、サービス業の分野の減少が目立ちました」

     そして、さらなる落ち込みが予想されるのが冬のボーナスだ。

    続きはソース元にて
    https://news.yahoo.co.jp/articles/eb44f3c53105d169e7eb57297f2010bb73c6b1c4

    ★1 2020/10/24(土) 21:54
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603553641/


    【【悲痛】冬のボーナス大幅ダウン……マイホーム手放す家庭も………】の続きを読む


    児童虐待 日本の小児専門病院の一覧 発熱と発疹を起こす病気の一覧 日本小児科学会 米国小児科学会 『小児病棟・命の季節』(テレビ朝日)- 小児科医療をテーマにしたテレビドラマ。 『小児救命』(テレビ朝日) - 小児科医療とそれに関する問題をテーマにしたテレビドラマ。 学校保健 社団法人日本小児科学会 社団法人日本小児科医会
    93キロバイト (14,191 語) - 2020年8月11日 (火) 06:02



    (出典 www.kobetokushukai.org)


    病院に行かないもんね
    いい事なんだけど

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/10/14(水) 14:51:06.83

    新型コロナウイルス感染症の流行下で、小児科の医療機関が経営に苦しんでいる。

    感染が拡大して政府の緊急事態宣言が発令されていた5月は、他の診療科より患者が大きく減るなどして収入が半減。
    閉院するところも出始めている。なぜ小児科の医療機関から患者は消えたのだろうか。

    「赤字が積み上がっている。この状態が続けば破綻してしまう」。
    中野こども病院(大阪市旭区)の木野稔理事長は、苦しい懐事情をこう明かす。

    同病院は1966年、日本で初めての民間の小児専門病院として開業。
    79床のベッドで子どもの入院や、救急の外来患者も24時間365日、休まず受け入れている。

    年間延べ6万人が受診していて、地元では欠かせない存在だ。

    木野氏は「小児科の仕事は病気やけがの治療だけで終わらない。睡眠や食事、保護者の育児相談など、
    子どもが健全に育つよう生活を支える重要な役割がある」と説く。

    だが、新型コロナの感染拡大で受診控えが相次ぎ、状況は一変した。

    政府による緊急事態宣言が出ていた5月の外来患者は約2330人と、前年の同じ月と比べて6割も減った。
    うち時間外の患者は4分の1の約690人に減少。入院患者も約1250人にまで半減した。

    患者の減少は、収益の悪化につながっている。特に診療報酬が増額される時間外患者が減ったのは大きな痛手だった。
    https://mainichi.jp/articles/20201013/k00/00m/040/309000c

    5月の小児科診療所の外来患者減少率

    (出典 cdn.mainichi.jp)



    医療機関の受診控え深刻 患者2割減、小児科はほぼ半減
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1597757334/

    【医療機関】 収入約5割減! 耳鼻咽喉科、小児科は 「第2次緊急事態宣言」なら破産続出も★2
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595254530/


    【【悲鳴】このままいけば破綻…………小児科から患者が消えたのは何故?】の続きを読む

    このページのトップヘ