ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: 収入減


    (お茶からのリダイレクト)
    チャイコフスキー :バレエ音楽『くるみ割り人形』より、お茶(中国の踊り)。 レハール :オペレッタ『微笑みの国』より、二重唱曲「お茶を飲みつつ語らえば」。 ショスタコーヴィチ :タヒチ・トロット(『二人でお茶を』という流行歌の編曲)。 その他、茶製造に関する労働歌、民謡として「茶
    81キロバイト (11,163 語) - 2020年7月22日 (水) 13:16



    (出典 www.kanro.co.jp)


    たしかに急須でお茶は飲まないか
    ペットボトルで十分だしね

    1 ばーど ★ :2020/07/28(火) 23:51:42.51

    お茶本来が持つ味や香りを説明できる「お茶の専門店」で倒産が増加している。帝国データバンクの調べでは、日本茶をはじめリーフ茶を取り扱う茶専門店の倒産が2019年に12件判明した。この水準は16年以降4年連続で増加し、過去最多の件数となった。

    近年は「抹茶ブーム」も手伝い、スイーツや菓子などに抹茶が使用される機会も増えるなど、その魅力が見直されてきた“茶葉”。それでも専門店が倒産する背景には、個人消費の「茶葉離れ」や販売チャネルの変化などが進行。需要が戻らないなかで、高い品質や伝統、お茶に対する知識の豊富さといった、専門店が得意としてきた強みが生かせない経営環境にある。

    ■「PET緑茶」「ティーバッグ化」など “消費の変化”についていけず苦戦

    専門店が主に取り扱うリーフ茶の消費量は、近年減少傾向が続いている。リーフ茶とは、急須に入れて飲むお茶のこと。総務省によれば、2018年における一世帯当たりの緑茶消費量は798gで、1993年の1335gに比べ約6割程度の水準に留まるなど、リーフ茶全体では需要の低迷が長く続いている。大きな要因はお茶の「あり方」が変化したことだ。実際に全国清涼飲料連合会の調査では、2018年の緑茶飲料の生産量は296万klに拡大。3年連続で過去最高を更新している。

    代わって緑茶飲料の需要拡大を後押ししたのは、近年急速に普及が進んだ「ペットボトル入り(PET)緑茶」の存在が大きい。ノンカロリーかつ手軽な飲料として親しまれるPET緑茶は、安価で手軽に飲むことが最大の利点。幅広い世代に飲用され、喉の渇きや食事の場のみならず、会議などフォーマルな場でも用いられるなど、活躍の場所を選ばない点も魅力だ。

    最近では緑茶など定番商品のほか、17年頃から火が付いたほうじ茶人気の拡大、日本茶を採用したミルクティーなどの派生ジャンル、特定保健用品(トクホ)対応のPET緑茶など多種多様な種類も登場。PET緑茶にとって追い風となる状態が続いている。

    対するリーフ茶では、PET緑茶など既製品に比べ、消費者に接する機会が少なくなった点が最大の弱みだ。大手ネットニュースのしらべぇ編集部が昨年、全国約1700人を対象に実施した調査 によると、「急須でお茶を入れて飲む人の割合」は全体で約3割にとどまった。年代・性別でも大きく差があり、女性では60代で約6割が急須でお茶を飲む一方で、30代では約3割、20代では約2割にとどまっている。男性でも60代は約半数、30代からは3割を下回る水準。職業別でも差があり、会社経営者が約5割となった一方、学生は2割にも満たなかった。

    消費は比較的年配者を中心とした消費に偏る一方、若年層や一般家庭での「急須離れ」が大きく表れている。

    ■お茶の流通経路も変化、 購入先は専門店から量販店にシフト

    お茶そのものの流通の変化もある。総務省の「全国消費実態調査」では、1979年における消費者の緑茶購入先は、専門店が6割超を占めるなど高いシェアを有していた。しかし、以降は専門店の占める割合が年を追うごとに縮小を続け、2009年以降は3割を下回るなど低迷ぶりが顕著に見られる。お茶を買うために「専門店に出向く」という購買行動がなくなり、専門店にとっては新たな販売機会を見つける事も難しい。

    一方、専門店に代わる購入先として台頭したのが量販店。特にスーパーの占める割合は年々増加傾向で推移し、2014年には34.4%と全購入先のうち最も高い水準となった。通販による購入も近年急拡大の傾向にある。そもそも、近年は同じリーフ茶でもティーバッグ型や粉末型など、手軽さを売りにした量販加工品が主力なため、日常的にお茶を買うにあたり高度な知識などが必要ない。中元や歳暮、冠婚葬祭の略式化が進み、進物用や贈答品用の緑茶ニーズも先細りしており、あえて専門店へ行く必要性が無くなった点も大きい。

    お茶の個人消費が多様化したことと流通の変化。二つの大きな変化が専門店の経営を大きく揺さぶり、市場退出が増加した大きな要因となっている。

    以下全文はソース先で

    7/28(火) 14:39 帝国データバンク
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c126287ad598fc6a5f47d77c99420051641e4d99?page=1

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【悲報】お茶専門店が続々倒産………抹茶ブームとかあったのにね(;´Д`)】の続きを読む


    日本における看護師(かんごし、英: nurse)は、保健助産看護師法に基づく国家資格である。医療、保健、福祉などの場において、医師などが患者を診療する際の補助、病気や障害を持つ人々の療養上の世話など、疾病の予防や健康の維持増進を目的とした患者教育を行う[要出典]医療従事者である。 以前は女性を看護
    28キロバイト (4,045 語) - 2020年7月10日 (金) 15:57



    (出典 w.kawasaki-m.ac.jp)


    看護師さんってけっこうお給料もらってる
    印象だけど…それはあんまりだね

    1 muffin ★ :2020/07/17(金) 17:18:48.29

    https://sirabee.com/2020/07/17/20162371457/
    2020/07/17 16:40

    17日に「手取り14万」というワードが突如、ツイッターでトレンド入りし、その内容に衝撃が広がっている。

    発端は16日放送の『news zero』(日本テレビ系)で東京女子医科大学病院に勤務する20代の女性看護師が語った内容。同病院は、医師や看護師などの医療従事者への夏のボーナスを全額カットしたとして約400人の看護師が退職の意向を表明したことが報じられている。

    自ら志願して「コロナ病棟」で働くことになったが、過酷な勤務状況にも関わらず給料は下がってしまったとし、「危険手当もでない、ボーナスもでないっていうのは看護師をバカにしてるとしか思えない」「命を削って働いたのに手取り14万円はひどいなと思った。生活していけない」とショックを受けたという。

    感染対策のため勤務形態が変わって夜勤手当などが減り、月の手取りは寮費を除いて14万円になったようで、以前の給料から約3万円減…といった内容が語られた。

    女性によれば「本当につらい。今すぐやめたい」と涙ながらに話す看護師は少なくないようだ。これを受け、ツイッターで「手取り14万」がトレンドに浮上。

    「やりがいだけで人は働けないということからいい加減目を逸らさないでくれって思う」「医療従事者がお金を貰えないなんておかしい」「14万円で生活なんてできる気がしない」といった同情や怒りの声が相次いでいる。

    ■実際に働く看護師の意見は
    女性の訴えについて、病院で働く看護師はどう感じたのか。しらべぇ編集部が地方の病院で働く20代女性看護師に聞いたところ、「危険手当もボーナスもでないなら、私だったら絶対に辞めてしまう」と断言。
    患者たちに寄り添いたいと思いはある一方で「お金だけが全てではないが、待遇をないがしろにされるとつらい」と話している。
    続きはソースをご覧下さい


    【【衝撃】本当に辛い…今すぐ辞めたい『手取り14万』の‟看護師の嘆き”】の続きを読む


    開業医(かいぎょうい)とは、自ら診療所、病院を営んでいる医師、歯科医師。勤務医の対義語。 開業医には診療所や病院を経営する医師や、歯科診療所を経営する歯科医師が含まれる。本項では、日本の医師のうち、自ら営む診療所で診療する医師について解説している。 病院以上の規模の医療機関と異なり、一般診療を主に行
    5キロバイト (735 語) - 2020年5月7日 (木) 21:48



    (出典 ggo.ismcdn.jp)


    病院はホントに人少なかった
    行く必要なくても行ってた人もいるのかな

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/07/14(火) 09:38:20.56

    「僕にアフターコロナはあるのでしょうか」――。

    関東の某県で、2年前から耳鼻咽喉科の診療所を営む開業医の男性は、大きなため息をついた。

    新型コロナウイルスの感染拡大が日本で本格的に始まった3月以来、
    日に日に増える国内の感染者数に反比例して、診療所から患者が消え、1日の患者数が1桁という日も珍しくなくなった。

    「これから夏にかけてはもともと患者が少ない時期。毎年繁忙期に入る秋ごろまで、手元資金が持つかどうか不安」(前出の男性)

    この男性と同様、コロナの感染を恐れて、いわゆる“不要不急”の受診を多くの患者が控えた結果、収入減にあえぐ開業医が続出している。

    東京保険医協会の調査では、昨年の同時期と比較して、9割以上の開業医は患者が減り、
    そのうちの35%が、患者が5割以上減ったと回答した。特に影響が大きかったのが耳鼻咽喉科、小児科である。

    厚生労働省は、これまで再診のみ認めていた遠隔診療(電話やインターネットを介した診療)を、
    期間限定で初診から公的保険を適用できるようにし、コロナ禍を機に参入した開業医も多かったが「保険点数が低過ぎるし、
    検査もできず外来の管理料も取れないので、通常の対面診療の半分のもうけにもならない」(フリーランス産婦人科医の桑田吉峰氏)。

    とはいえ、患者が戻らないということは、いかに日頃から無駄な受診が多かったかとも考えられる。

    実際「重症患者の多い在宅医療などでは、コロナの影響は少なかった」(桑田氏)といい、開業医にとってコロナ禍は、
    自院の存在意義が問われる事態だったことは間違いなく、「いわば“不要不急”の診療所は、運転資金が尽きたところからつぶれていく」と医療関係者は口をそろえる。

    もともと開業医は勤務医に比べ、供給過多といわれてきたが、昨年から厚労省が「外来医師多数区域」というものを公開している。
    つまりこの区域は開業医が過剰な“レッドオーシャン”なのだが、都市部に多い。診療所の淘汰は、まずここから始まるというのが、大方の予想だ。
    https://diamond.jp/articles/-/242439

    (出典 dw.diamond.ne.jp)


    (出典 dw.diamond.ne.jp)


    【【不安】無駄な受診多かった?開業医も‟収入減”でこれから・・・】の続きを読む


    沖縄県(おきなわけん、沖縄語: /ʔucinaa/ウチナー、英: Okinawa Prefecture)は、日本の九州地方(九州・沖縄地方)に位置する広域地方公共団体(都道府県)のひとつ。県庁所在地及び最大の都市は那覇市。 日本で最も西にあり、沖縄本島、宮古島、石垣島など多くの島々から構成される。
    150キロバイト (19,269 語) - 2020年6月20日 (土) 15:47



    (出典 i.ytimg.com)


    そんなひどい状況のとこあるんだ
    子供にそんなめには合わせたくないです・・・

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/06/29(月) 08:14:35.01

    新型コロナウイルスの影響で、経済的打撃を真っ先に受けたのは低所得者層である。
    日本政府の経済的支援政策は有効だったのか。試金石となるのが「沖縄」だ。

    子どもの貧困率が全国1位であるかの県では、自粛要請中の約2カ月間、「餓死する人も出るのではないか」
    といわれるほどの事態になっていた。ジャーナリストの瀬川牧子氏が取材した。

    沖縄県での自粛要請が一部緩和された5月末、県内最大の大型ショッピングセンター「イオンモール沖縄ライカム」(北中城村)は、
    マスクを着けた客たちでにぎわった。買い物を楽しむ人々に、館内放送はこう呼びかけた。

    「新型コロナウイルス 感染拡大影響で、臨時休校になり、給食がないため、健康不安や栄養不足などの問題を抱える子供たちがいます。
    困難な状況にある子供たちを支える為、皆さまの温かいご支援、ご協力をお願い申し上げます。集まった募金は支援が必要な家庭へ食材を届ける活動に役立てていきます」――。

    同じアナウンスは続けて3回、放送された。東京では一度も聞いたことのない呼びかけである。

    同行していた友人が「このままだと餓死する人もでるよ」とつぶやいた。彼女の知人にも、明日の食事に困り、米を融通している家庭があるという。
    4人の子がいるのだが、母はコロナによって食品工場のパートをクビになり、父も整備工場の仕事が激減。現金収入が十万円以下に落ち込んでしまったためだという。

    子供への食料支援を募る放送はここだけでなく、読谷村の閑静なリゾート別荘地でも聞かれた。

    貧困率が全国でも高いことで知られる沖縄県。調査によっては1位にかぞえられることもあるが、
    年収122万円を下回る困窮層の割合は全体の25%で、これは日本全体の約14%の約2倍に値する。

    子供の貧困率は約30%と、こちらも全国平均の約2倍の深刻さだ。

    離婚率も全国1位、母子家庭率も他県と比べて断トツに高い。母子家庭の収入源は、約32%がパートかアルバイト、17%が失業中だという。

    小中学校の子供を持つ困窮世帯に実施されたアンケート調査では、約16%が「子どもを医療機関に受診させることができなかった」、
    約32%が「子どもに新しい服や靴を買うことができなかった」と回答している(参照:平成30年沖縄県子ども貧困現状調査、厚生労働省「平成28年国民生活基礎調査」)。

    新型コロナウイルスの感染拡大で、沖縄経済を支えて来た観光業は深刻な打撃を受けた。
    倒産する企業も現れ、職を失った県民も少なくない。母子家庭を中心とする困窮世帯は崖っぷちに立たされているのだ。

    こうした世帯および子供たちを救うべく活動する3つの団体の取り組みを紹介したい。

    うるま市のNPO法人「ちゅらゆい」は、ひきこもりや不登校の中学生たちおよそ30人を支援している団体だ。
    私が訪れた5月29日、市役所などを通じて、肉や米などの支援物資がダンボール10箱分届いた。

    スタッフの屋部千明さん(34)は「子供たちは菓子パンやカップラーメンなどを食べてばかりなので、お肉がとても嬉しいです」と話す。

    「もともときちんとした食事をとる習慣のない子供たちが多かったところへ、コロナでの自宅待機や自粛要請となり、さらに食生活がひどくなっているように思えます。
    先日、自宅を訪問した中学3年生の男子生徒は、コロナ前より3~4キロ痩せていました1日1食の食生活が当たり前になっている子です」

    話を聞く限り、子供らは炭水化物などを中心にした最低限の食事しかとっていないようだ。
    感染防止の観点から屋部さんたちの食事場所提供も制限され、子供が自宅に籠ることが多くなってしまったという。

    栄養状況の悪化と同時に、屋部さんの一番の懸念は「学力の著しい低下」だという。他県と同様、沖縄でも休校中のオンライン授業が行われているそうだが。

    「まず困窮家庭にはネット環境がありません。親御さんの携帯でさえ、料金未支払いで止められている状況が普通にあるくらいです。
    授業を受けるためのパソコンやタブレット代はもちろん、1カ月5000円のネット代を支払うだけの余裕がない人もいます。
    沖縄の貧困を救うのは“教育”しかありません。学習支援をするために、せめてパソコンが10台でもあれば子供らの未来を変えることができるかもしれないのですが……」
    https://www.dailyshincho.jp/article/2020/06290800/?all=1


    【【困窮】沖縄の子供たちが危ない!?】の続きを読む


    RIZAPグループ (ライザップからのリダイレクト)
    RIZAPグループ株式会社(ライザップグループ、英称: RIZAP GROUP, Inc.)は、健康食品やダイエット食品の製造・販売などを行っている子会社を総括する持株会社。 瀬戸健が2003年4月に設立した、健康食品等の通信販売を手がける健康コーポレーションを起源としている。「結果にコミットする
    16キロバイト (1,574 語) - 2020年6月23日 (火) 00:37



    (出典 biz-journal.jp)


    一時期、あの宣伝ばっかり流れてた。
    そういえば最近あんまり話も聞かないか。

    1 Egg ★ :2020/06/22(月) 12:42:11.68

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    今年の3月期決算で、2年連続となる赤字を計上したRIZAP(ライザップ)グループ。2年半で60社以上ものM&Aを繰り返してきたツケが回ってきたようだ。グループ経営再建のために招聘した3人の大物経営者は次々辞任した。いったい何が起きているのか。

     RIZAPグループの2019年3月期決算は、純損益が193億円の赤字だった。今年3月期も60億円の赤字と低迷は続いている。さらに、2021年3月期の業績予想は未定というのだ。

     瀬戸健社長がRIZAPグループの前身である「健康コーポレーション」を立ち上げたのは2003年。当時は、豆乳クッキーダイエットを販売する会社だった。12年からボディメイク事業を始め、16年に社名を「RIZAP」に変更、積極的なM&Aを行って事業規模を急拡大させた。16年に20社ほどだった子会社は、18年末には85社まで増えた。

    「昨年の3月期決算で193億円の赤字を計上した時、瀬戸社長は株主総会で2020年3月期も赤字になったら社長を辞めると明言していました。ところが、今年3月期決算で60億の赤字になったのに、退任については口を閉ざしています。どうするつもりでしょうか」

     と解説するのは、ビジネス評論家の山田修氏である。同氏は外資系企業4社、日本企業2社の社長を務めたキャリアを持つ。

    「RIZAPは、今年3月期決算の赤字は新型コロナの影響があったと説明していますが、グループ企業全体を調べてみると、ボディメイキングの事業は、19年3月期の売上が413億円。20年3月期は売上が401億円と、業績は決して悪くないのです。

    では、何が足を引っ張っているかというと、80社以上もある子会社です。子会社のうち、MRKホールディングス、HAPiNS、ジーンズメイト、イデアインターナショナル、ワンダーコーポレーションなど、上場している子会社は業績が回復しています。残りの未上場の子会社70数社の多くが赤字で、回復が難しいと見られています」

     事業を急拡大したことが、アダとなったようだ。

    6/22(月) 5:58 ディリー新潮
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b4291af7eab61f8ab43c4bb5b96da6dbca8ea95e


    【『RIZAP』って流行ってたけど、今って!?】の続きを読む

    このページのトップヘ