ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: 看護士


    日本における看護師(かんごし、英: nurse)は、保健助産看護師法に基づく国家資格である。医療、保健、福祉などの場において、医師などが患者を診療する際の補助、病気や障害を持つ人々の療養上の世話など、疾病の予防や健康の維持増進を目的とした患者教育を行う[要出典]医療従事者である。 以前は女性を看護
    28キロバイト (4,058 語) - 2020年10月15日 (木) 16:20



    (出典 livedoor.blogimg.jp)


    可哀想な話です
    無神経な人いますから

    1 ばーど ★ :2020/10/15(木) 22:00:39.86

    吃音を責められ心に負担 自殺の看護師に労災認める判決

    札幌地裁は判決で、「業務での心理的負荷により精神障害を発病した」として自殺と業務との関連を認め、国に遺族補償などの不支給の取り消しを命じた。

    言葉が出にくかったり、同じ音を繰り返したりする吃音(きつおん)のある札幌市の新人看護師の男性(当時34)が自殺したのは業務が原因だとして、遺族が国を相手取り、遺族補償などの不支給の取り消しを求めた訴訟の判決が14日、札幌地裁(武部知子裁判長)であった。判決は、業務での心理的負荷により精神障害を発病したとして労災を認め、国に不支給の取り消しを命じた。

    判決によると、男性は2013年3月に看護学校を卒業し、翌4月から札幌市内の病院で働き始めたが、試用期間中に適応障害とうつ病を発病し、7月に自宅で自殺した。男性は吃音があったため、初対面の患者や威圧的な患者に対して言葉が出なかったり体が揺れたりすることがあり、「来ないで」「気持ち悪い」と言われることがあった。また、本採用に求められる水準に達していないとして、病院側との面談で試用期間の延長を告げられていた。

    判決は「患者からの苦情があり、さらに勤務を継続できなくなるかもしれない心理的負荷が加わった」などとして、自殺と業務との関連を認めた。原告側は上司の指導や叱責(しっせき)について「業務指導の範囲を逸脱していた」と主張したが、判決は「指導の範囲内」とした。

    北海道労働局は「判決文が届いておらずコメントできない。今後の対応は関係機関などと協議して判断したい」としている。(前田健汰)

    (朝日新聞デジタル 2020年10月15日 11時14分)

    2020年10月15日 12時17分 JST
    https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5f87b7d0c5b6c5eccffd360b

    (出典 www.asahicom.jp)


    ★1が立った時間 2020/10/15(木) 18:42:32.36
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1602761421/


    【【悲痛】自殺した看護師に労災認める 「来ないで…気持ち悪い」吃音責められ…】の続きを読む


    心肺蘇生法はCPR(英語: Cardiopulmonary resuscitation)と呼ぶ。 欧米では三徴候説が死の診断基準として普及するまで心肺停止(瞳孔散大を除いた呼吸停止と心停止)が死の診断基準とされていた。三徴候説とは呼吸停止(呼吸の不可逆的停止)と心停止(心臓の不可逆的停止
    5キロバイト (778 語) - 2019年10月12日 (土) 22:17



    (出典 d3nmge69q1fbex.cloudfront.net)


    なかなかできない事だし
    すごい勇気ある女性たちですね。

    1 夜のけいちゃん ★ :2020/06/22(月) 10:46:51.00

    2020年6月22日 9時42分

     新型コロナウイルスの感染が広がっていた4月、京都市下京区の路上で意識を失い突然倒れ、心肺停止となった50歳代の男性を、通行人の女性らが連携して助けた。そのかいあって、男性はその後ほとんど後遺症もなく回復し、社会復帰した。21日、女性5人に対し下京消防署長から感謝状が贈られた。

     同消防署などによると、4月1日午後6時15分ごろ、下京区のデパート「藤井大丸」近くの四条通の歩道で、男性が突然倒れた。通行人の介護福祉士、小長谷(おばせ)真由子さん(44)が見つけ、心臓マッサージを開始。「コロナのことなんて意識していなかった。命に関わるのではないかと必死だった」と振り返る。

     アルバイトの八木くるみさん(23)が、その場に自動体外式除細動器(AED)がないことに気づき、近くの藤井大丸に駆け込んで借りてきた。仕事帰りだった保育士の後藤奈美さん(21)と同僚の橋本夏海さん(23)が協力して男性にAEDを取り付け、電気ショックを実施。騒ぎに気づいた藤井大丸社員で看護師の岡沢安里さん(56)も心臓マッサージに加わった。

     通報から約5分後に到着した救急隊に引き継ぎ、男性は一命をとりとめた。八木さんは「ただただ安心した」。後藤さんも「役に立ててよかった」と語った。

    ソース https://www.asahi.com/articles/ASN6Q3198N6PPLZB001.html?iref=comtop_8_08


    【『コロナより命優先』通行人の女性たち 路上で倒れた男性助ける!!】の続きを読む

    このページのトップヘ