ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: > 公害


    【衝撃】足切断、命の危険まで……過酷すぎるゴミ屋敷清掃員!!!

    色んな仕事があるけど
    ちょっとしたくないな

    NO.8997600 2020/11/05 17:52
    「左足をやむなく切断」想像を絶するほど過酷な"ゴミ屋敷清掃"という仕事
    「左足をやむなく切断」想像を絶するほど過酷な"ゴミ屋敷清掃"という仕事
    きつい、汚い、危険。

    この「3K」で究極の仕事といえばゴミ屋敷清掃だろう。

    山積みのゴミを片付けるだけならまだいい。

    ときには虫がわいている箇所に手を突っ込み、人の便や尿さえも処理しなければならない。

    誰もやりたくないが、誰かがやらなければいけない。

    そんな仕事にたずさわる人たちは、日々なにを考えているのか。

    私は、彼らと共に働き、その世界を見たいと思った――。

    ■なぜこのような場所を「汚い」と感じないのか
    ドアを開けて絶句した。

    古びた一軒家の室内には大量の砂利や鳩の羽、動物の排泄物が染み込んだ紙類が散らばっている。

    人が住んでいたとは思えなかったが、ここにはたしかに高齢夫婦が住んでいた。

    妻が病気で入院した数日後に、夫が風呂場で亡くなったという。

    かねてより近隣から臭いの苦情があったため、地域の包括支援センターが見に行くと、部屋中に物があふれていたそうだ。

    いわゆる“ゴミ屋敷”をテレビで目にしたことがある人は多いだろう。

    しかし、それを実際に目の当たりにした時の衝撃はすさまじい。

    「なぜ?」という言葉が頭にうずまく。

    高齢者とはいえ認知機能が低下していない正常な人が、どうして自分の寝る場所さえなくなるほどの、大量の物をためこんでしまうのか。

    そしてなぜこのような場所を「汚い」と感じないのだろう。

    近年、身体機能が低下した高齢者、社会から孤立した独居者らが身の回りの片付けができなくなり、整理専門会社へ物の仕分け・分別を依頼するケースが急増している。

    私は生前・遺品整理会社「あんしんネット」の作業員としてこの住居に足を踏み入れた。

    ■現場で釘を踏んで、左足のかかと付近から出血
    整理業は、身の危険を伴う過酷な仕事だ。

    かつて同社に勤務していたAさんはこの仕事がきっかけで義足になった。

    現場で釘を踏んで左足のかかと付近から出血し、作業翌日に足が腫れて40度の発熱。

    数日後に病院を受診すると「雑菌の混入」と診断され、抗生剤の点滴や患部の洗浄などが施された。

    それから3週間、懸命の治療が行われたものの回復せず、やがてAさんの命に危険がおよぶ状態に……。

    やむなく左足の大腿部から切断となったという。

    実は私が“ゴミ屋敷の整理(掃除)”の仕事に惹きつけられたのは、およそ4年前のAさんとの出会いがきっかけだった。

    「今まで自分は好き勝手..

    【日時】2020年11月05日 15:15
    【ソース】プレジデントオンライン
    【関連掲示板】


    【【衝撃】足切断、命の危険まで……過酷すぎるゴミ屋敷清掃員!!!】の続きを読む


    新幹線(しんかんせん)は、JRグループ各社が運営している日本の高速鉄道である。1987年(昭和62年)までは日本国有鉄道(国鉄)が運営していた。 1964年(昭和39年)10月1日に東京駅 - 新大阪駅間に開業した東海道新幹線に始まり、国鉄時代には山陽・東北・上越の各新幹線
    214キロバイト (31,775 語) - 2020年10月28日 (水) 18:58



    (出典 pbs.twimg.com)


    忙しいんでしょうね
    ゆっくり寝てたらいいのに

    1 ひぃぃ ★ :2020/11/01(日) 21:21:21.35

    新幹線の車両内で、迷惑な客に出会ったことがある人は少なからずいるようだ。みなさんも「荷物で座席確保しないで...」「シート倒すときは一声かけてよ」などと心にモヤモヤを抱えたこと、一度くらいはあるだろう。

    そんな新幹線でのモヤモヤ(もはやイライラ?)体験談をJタウンネットが募ったところ、読者からいくつもの投稿が寄せられた。

    今回ご紹介するのは、座席でパソコンのキーボードを叩く行為について。東京都在住のM夫さん(50代男性・仮名)は隣席から聞こえるタイピング音を「最大の迷惑行為」だと断言する。

    ■「そんなに強く叩く必要性が...」

     「携帯の着信音、通話のマナーが浸透してきた今、新幹線での最大の迷惑行為はキーボードのタイピング騒音です。他人に迷惑をかけてまで移動中に、至急にしなければならないのでしょうか。命にかかわるのか、と思います。もしそれを命じている会社があるのならクレームを入れたいです」

    M夫さんは座席で静かに読書でもしたかったのだろうか。座席でキーボードを打つ人は、周囲に多くの他人が座っているということを忘れてはいけないだろう。

    石川県に住むSさん(40代性別不明)もまた、隣人が叩くタイピング音にイラっとしたというエピソードをツイッターのダイレクトメッセージで寄せた。

     「新幹線に乗ってイラッとするのは、乗車していた2時間半もの間、ずーっと大きな音でタイピングし続ける人に対してです。さらにお菓子を口に頬張り、ボリボリ音をたてながらカタカタと叩くんです」

    さらにSさんの隣に座っていた人は、ゴミやペットボトルの空をシートの網に入れたまま新幹線を降りていったそうだ。こうした行為に彼は「モラルが問われますね」と嘆いている。

    新幹線には静かに乗りたいと思う人が多いのだろう。ツイッターを覗いてみると、

     「前の席のタイピング音がうるせぇぇ!(新幹線)」
     「東京行き新幹線にこだまする パソコンのタイピング音 そんなに強く叩く必要性が...」
     「新幹線で通路挟んで窓側と窓側で真反対側の席の人のタイピング音がずっと激しくて。自分は気をつけようって思う。だいたいこういう時スーツの人が多い気がする。気のせいかしら」

    などとモヤっとしたと呟くユーザーが複数見られた。

    2020年11月1日 20時0分 Jタウンネット
    https://news.livedoor.com/article/detail/19154093/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    (出典 image.news.livedoor.com)


    【カタカタ……新幹線での迷惑行為は?『前の席のタイピング音がうるせぇぇ!』】の続きを読む


    建された。しかし、江戸の街では火防の神として神仏混淆の秋葉権現が広く信仰を集めていたことから、鎮火社についても秋葉権現が祀られているものと人々が誤解して「秋葉社」「秋葉様」「秋葉さん」と呼び、火除地を「秋葉の原」「秋葉っ原」と呼んだことで、秋葉原の地名が誕生した。神田筋違見附(万世橋付近)やこの空地
    112キロバイト (16,172 語) - 2020年10月28日 (水) 14:07



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    ああいう人達って
    どこでも行くんだね

    1 マスク着用のお願い ★ :2020/10/30(金) 13:51:43.21

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19140196/
    歌舞伎町より怖い…いま、秋葉原が「ぼったくりの聖地」になっている! ヤクザ、半グレの「新たなシノギの場」

    警察が摘発に本腰を入れている

    「いま、新宿・歌舞伎町を凌ぐ勢いで、秋葉原に悪質なぼったくり店が急増しています。そのため、緊急事態宣言が解除されて以降、警察内部で重点的に取り締まる動きが本格化しているのです」(警視庁関係者)

    今年7月、千代田区は秋葉原一帯を「客引き行為等防止重点地区」に指定。連日、管轄の万世橋警察署の警察官が深夜の立哨を行うなど、摘発に本腰を入れている。

    「実際にキャッチが集まる裏通りを進むと、様々なコスチュームに扮した女の子たちが道を塞いでいる。数m背後には、秋葉原には似つかわしくない、首までタトゥーを入れた色黒のスウェット姿の男性の姿も。彼らがぼったくりグループです。

    彼らの店に入ると、高額なボトルの注文をせがまれ、ドリンク1杯で帰ろうとしても席代などを理由に数万~十数万円を請求されてしまいます」(風俗産業に詳しいルポライターの國友公司氏)

    そもそも秋葉原は山手線や総武線、つくばエクスプレスなど5路線が交わり、都内はもちろん、千葉や茨城など近隣県からのアクセスも良く、再開発によるオフィス化で会社員が急増している街だ。

    また、家賃相場の低さから単身世帯も多く、客を呼び込みやすい環境にあるという。

    「このコロナ禍でマスコミに連日『夜の街』と槍玉に挙げられ、人が寄り付かなくなった歌舞伎町では、ぼったくり店も立ち行かない。

    そこでヤクザや半グレらが新しいシノギの場所として、世間的に夜のイメージが薄かった秋葉原に白羽の矢を立てたというわけです。

    秋葉原は『オタクの聖地』と呼ばれる通り、実際、時間とお金に余裕があり、何より女性に弱い男性が多い傾向にあるようです。

    かつて、若い女性販売員を使い、高額な絵画を売りつけるキャッチセールスや宗教勧誘が多発していたのも秋葉原でした。店側も『秋葉原にいるような男はキャッチに弱い』という思惑があるのでしょう」(前出・國友氏)

    電気街からオタクの街、そしてオフィス街へと変貌を遂げてきた秋葉原。ついに「ぼったくりの聖地」になってしまった。

    『週刊現代』2020年10月24・31日号より


    【【驚愕】秋葉原が『オタクの聖地』から『ぼったくりの聖地』に…!!】の続きを読む


    仙女の様な優雅な姿と玉のように滑らかな肌を表した表現 日本国内において、特に美人が多いのは日本海側であるとする主張がある。具体的には、秋田美人をはじめ、津軽美人、庄内美人、越後美人、加賀美人、越前美人、京美人、出雲美人、博多美人などである。 東京、大阪、横浜、名古屋、札幌、福岡、京都、神戸、仙台、広島
    16キロバイト (2,435 語) - 2020年10月23日 (金) 15:24



    (出典 i.ytimg.com)


    ある程度フツーが
    一番いいって事か

    1 みなみ ★ :2020/10/25(日) 14:12:20.05

    10/25(日) 8:00配信
    https://article.yahoo.co.jp/detail/1340575536c10137775da611d05b12f50fbb0097

    女性の嫉妬は根が深い。なかには美人に容赦ない女性もいる。そうしたタイプの人に目をつけられてしまったら最後。大阪府の30代女性(商社系)はキャリコネニュースに、

    「今の会社に転職した際、ほぼ初対面の50代お局に『あんた、めっちゃ男に媚びそうやな』と言われました。その後も『見た目採用』などと陰口を叩かれ、いまだにハブられています」

    といった声を寄せている。IT・通信系の会社に勤務する愛知県の40代女性も「20代の頃は女同士の飲み会には、まず誘われませんでした」とつらい経験を打ち明ける。(文:鹿賀大資)

    仕事で結果を残すと「女を使った」と陰口を叩かれる

    女性は「仕事面では不利に感じることが多々ありました」と当時を振り返る。頑張って成績を上げても「女を使った」「美人だから上司に受けがいい」といった陰口を叩かれることが常について回ったという。

    そうしたことから、自身の中でも正当な評価かどうかの判断がつかなくなることも多かった。それでも現在は「この年齢になり、社内の女性たちから誘われるようになりました」と書いている。

    サービス系勤務の福岡県の40代女性は、「同性からの嫉妬が面倒くさい」と綴る。わざわざ女性の前で「年齢を重ねたら素材より努力が勝つと思う」と言われたことがあった。またわざと素知らぬふりをして「美人な人って自分のことを美人だと思っているのかしら?」と聞いてくる意地悪な同性もいたという。女性は、

    「普段は服装やメイクなどをあえてちょっとダサめにして目立たないようにしている。本領を発揮できるのは一部の友人の前と、夫とデートする時だけ」

    とコメントしている。

    美人に嫉妬する女性の3タイプ

    以下ソースで
    ★1 2020/10/25(日) 10:18:34.37
    前スレ★3 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1603594893/-100


    【【苦労】美人も何かと大変!!女の嫉妬ってコワいからww】の続きを読む


    教卓 (教壇からのリダイレクト)
    室に代表される講義用の空間で用いる机である。 教卓は、教授者が立つ台である教壇(きょうだん)の上に置かれるものと、教壇の前の床に置かれるもの、および、教壇が無いまま床に置かれるものに大別できる。 なお、「教壇」という語は、教壇・教卓・黒板など教授者が用いる設備一式を指す語として使われる場合、ひいては
    4キロバイト (508 語) - 2017年11月18日 (土) 13:11



    (出典 kagoshimaoffice.com)


    フツーはまた立てるのか
    ちょっと気持ち悪いもんね

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/28(月) 18:08:06.41

     保護者らでつくる市民団体は28日、児童生徒へのわいせつ行為で懲戒免職処分となった教員が再び教壇に立たないよう法改正を求める陳情書と、インターネット上で集めた約5万4千人分の署名を文部科学省に提出した。現行法では3年を過ぎると、教員免許を再取得できる。

     提出したのは「全国学校ハラスメント被害者連絡会」など2団体。文科省の担当者は「どんな対策ができるか検討したい」と応じた。

     提出後の記者会見では、共同代表の郡司真子さんが「再び教壇に立てないようにすることは対策の第一歩。教員の研修や、性暴力によって不登校になった子どもへの支援も必要だ」と訴えた。

    https://this.kiji.is/683238574621705313?c=39550187727945729


    【【署名】わいせつ教員は教壇に立たないで!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ