ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: > 教育


    LGBT (カテゴリ プロジェクト 関連記事)
    は、性の多様性の周縁化や隠蔽が事実上、現在も進行している。これに対しても、可視という形で、国際アムネスティなどは、迫害や弾圧の実態の把握に努めている。 「LGBT」あるいは「LGBTQ」に類似した用語に「性的マイノリティ」あるいは「性的少数者」がある。これらはLGBT の同義語であるとされる場合があり、LGBT
    35キロバイト (5,081 語) - 2020年12月16日 (水) 07:24



    (出典 prtimes.jp)


    心と身体の性別が違うと
    学生さんも大変

    1 樽悶 ★ :2020/12/19(土) 17:43:01.33

    女子生徒用のスラックを示し、性の多様さを説明する三谷今日子教諭=島根県奥出雲町稲原の県立横田高で2020年11月17日午後4時12分、阿部絢美撮影

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


     女子生徒がスカートのほかにスラックスも選べる制服を採用する動きが、鳥取・島根の山陰両県の高校で広がりつつある。防寒や防犯のためだけでなく、性的マイノリティーへの配慮を通して多様な生き方を理解してもらう狙いもある。【阿部絢美】

     島根県奥出雲町の県立横田高で11月中旬、人権同和教育担当の三谷今日子教諭が2年生全員の前でスラックスを手にした。「性はグラデーションになっている。体の性、心の性、好き(になる相手)の性はさまざま。性的マイノリティーに配慮し、表現の一つである制服を選択できるようにする」と語った。

     同校では2021年2月、女子がスラックスを着ることができるようになる。12月中旬時点で、既に一部の生徒が購入を希望しているという。さらに、制服の区別を男女ではなく「Ⅰ型」「Ⅱ型」と変えていく方針。三谷教諭は「現状は女子生徒のみの変更の段階。生徒や保護者からいろんな意見を取り入れ、性の多様性を考えていきたい」と話す。

     「LGBT総合研究所」(東京)の19年のインターネット調査によると、20~69歳の6・1%が心と体の性が一致しないなど、性自認(性同一性)の少数者。担当者は「高校にも一定数いると考えられる」と話す。年代が異なるため一概には言えないが、高校の30人学級なら1~2人はいる割合だ。

     文部科学省は2015年、心と体の性が一致しない「性同一性障害」の児童・生徒に対するきめ細やかな対応を求める通知を都道府県教委に出した。島根県教委教育指導課によると、全日制の県立高(分校除く)34校のうち12校が11月までに、女子がスラックスも選べるようにした。

     例えば、吉賀高(吉賀町)は男女の制服規定を撤廃して自由に選択できるようになり、大東高(雲南市)は男子がネクタイ、女子がリボンと決められていた組み合わせを自由に選べるよう変更。いずれも20年度から導入した。邇摩(にま)高(大田市)は生徒の提案を元に生徒会で議論し、2年前からスラックスが制服に追加された。

     スラックスは、鳥取県でも導入が進む。県立日野高(日野町)は「制服がださい」という生徒の発言をきっかけに検討を始め、保護者の経済的負担の面から自宅で洗濯できるタイプの素材に変えたり、女子用のスラックスを取り入れたりした。内仲弘校長は「性的マイノリティーの対応もあるが、山陰は冬が寒いので防寒面で優れている」と話す。

     私立の鳥取敬愛高(鳥取市)は19年度から制服を一新し、女子用のパンツスタイルを追加。担当者は「男子がスカートを選ぶこともできる。グローバルスタンダードという考え方で、性の多様性に対応した制服だ」と説明する。

     鳥取県内在住でセクシュアルマイノリティー当事者のちひろさん(30)は「啓発活動だけでなく、学校の制服やトイレなどを変えるのは重要。周りの理解がなければ当事者は社会で声を上げにくい」と話し、高校の制服の多様化を歓迎している。

    毎日新聞 12/16(水) 14:00配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201216-00000048-mai-soci


    【【性の多様性】女子生徒にも‟スラックス”の選択を】の続きを読む


    シカゴ富豪子息偽装誘拐殺人事件(レオポルドとローブ事件) 1932年 - リンドバーグ愛児誘拐事件 1983年 - イギリスの名馬シャーガーが身代金目的で誘拐される。 1986年 - 三井物産マニラ支店長誘拐事件 1997年 - 梶原一騎愛娘誘拐殺人事件 1999年 - キルギス日本人誘拐事件 2001年
    9キロバイト (1,299 語) - 2020年9月15日 (火) 06:55

    gpsjiken1

    めっちゃヤバい
    教頭だな

    1 ばーど ★ :2020/12/08(火) 11:42:14.34

    静岡地検沼津支部は7日、静岡県富士市森島、沼津市立中学校の教頭山本英仁被告(53)をわいせつ目的誘拐と逮捕監禁などの罪で静岡地裁沼津支部に起訴した。

    起訴状によると、山本被告は2017年8月2日頃、熱海市内で当時10歳代だった少女をわいせつ目的で車に乗せて誘拐し、車内で少女の口に粘着テープを貼り付けた上に両手両足をロープで縛るなどし、車内から脱出できなくするなどしたとされる。

    地検沼津支部は10月、山本被告を最初に起訴した事件について、「被害者保護」を理由に起訴事実と罪名を示さなかった。7日に一転して明らかにしたこの事件の起訴状によると、罪名はわいせつ目的誘拐と逮捕監禁などで、今年9月28日、沼津市内で10歳代の少女をわいせつ目的で誘拐し、伊豆の国市などを移動する車中で、熱海の事件と同様の手口で少女を監禁したとされる。

    地検支部は、すべての罪名を公表しなかった。静岡地検の北薗信孝次席検事は「関係者の名誉とプライバシーを考慮した結果」と説明した。

    2020年12月8日 10時46分 読売新聞オンライン
    https://news.livedoor.com/article/detail/19345155/


    【【誘拐】2度も…中学教頭 車内で少女の口に粘着テープ手足をロープで……】の続きを読む


    【署名】子供に悪影響? ドラえもんのお風呂覗きシーンはカットして!!!

    そんなの考えた事ない
    今の親すごいね

    NO.9077097 2020/12/05 22:46
    フェミニストがドラえもんのお風呂覗きシーンカットの署名運動開始
    フェミニストがドラえもんのお風呂覗きシーンカットの署名運動開始
    署名サイト「Change.org」にて“#ドラえもんのお風呂シーンのカットを希望します”という署名活動が開始されている。

    この活動の目的はそのままで、お風呂を覗く行為を助長するようなシーンをアニメ内で放送しないでカットするよう要望するというもの。

    映画化の際も不要なしずかちゃんの裸シーンを入れないでほしい、また既存のエピソードを放送する場合はお風呂覗きシーンの映像を避ける。

    といった要望だ。

    何故ドラえもんに対してなのか? それは子供が幼少期の頃から長期にわたって見る物であり、これが基準になっては行けないからだと考えているようだ。

    このキャンペーンには数多くの賛同が集まっており「4才の息子と一緒に安心して観たいからこそ、この署名に賛同します」、「ドラえもん大好きですが、これは賛同します」、「『お風呂のぞき』がドラえもんに必須とは思えません。必須なら終わった方が良い」、「日本のアニメ変わってほしい」という厳しい意見が投稿されている。

    また署名は既に672人集まっている。

    宛先はテレビ朝日となっているようだ。

    Twitterでも「#ドラえもんのお風呂シーンのカットを希望します」というハッシュタグが拡散している。

    【日時】2020年12月05日
    【提供】ゴゴ通信
    【関連掲示板】


    【【署名】子供に悪影響? ドラえもんのお風呂覗きシーンはカットして!!!】の続きを読む


    日本経済団体連合会 (経団連からのリダイレクト)
    2002年5月28日、経済団体連合会(以下「経団連」。1946年8月16日発足)が日本経営者団体連盟(以下「日経連」。1948年4月12日発足)を統合して、発足した総合経済団体。組織の略称は経済団体連合会時代に引き続き「経団連」を使用している。
    51キロバイト (6,128 語) - 2020年11月7日 (土) 04:40



    (出典 www.sankei.com)


    時代と共に
    変わっていかんとならんのでしょうね

    1 雷 ★ :2020/11/22(日) 23:13:42.48

    経団連が学校に喝「人材育成の気概を持て」
    2020年11月22日 08:01
    経団連は、AIやビッグデータの活用で社会が急速に変化していて、これに伴い、社会で求められる能力も変化しているとして、将来、活躍できる人材を育成するためには、学校教育や教員も変わるべきとする提言を発表した。

    ■“就活で初めて将来の仕事を考える”は遅い

    経団連は、現状では、高等学校では将来の職業を念頭に置いた教育を受ける機会が不足していると指摘。職業観を養うことを重視し、そのために、高校は、学習内容を実社会での活用につながるものに改善する必要があるとしている。

    一例として、経済界や大学、自治体との連携で、企業の社員などを講師として招くことや、高校生が大学の研究室のプロジェクトに研究助手として参加する取り組みを紹介した。就職後のミスマッチが起きないように、カリキュラムを共同開発することなども提案した。

    ■教育デジタル改革 規制見直しも必須

    経団連はまた、AIを活用することで、生徒一人ひとりのレベルにあった個別指導が可能になるとして、教員には、生徒の関心や能力に応じてテーマを設定する「ファシリテーター」としての能力が新たに求められるとしている。オンライン教育に関する法規制の改善点もあげた。

    現行の規制は、教室内でネットなどを活用したオンライン教育を受けることを想定していて、自宅など遠隔でオンライン授業を受ける必要性は考えられていなかった。

    そのため、オンライン教育の際に、「受信する生徒のそばに教員がいること」が義務付けられている。

    コロナ禍での緊急措置ではこの要件が特別に緩和されたが、今後もこの条件は撤廃されるべきとしている。

    また、“オンライン授業への参加は、全単位数のおよそ半分までしか認められていない”などの制度も見直すべきとしている。

    さらに、デジタル教科書の利点として、紙にはできない「動画」や「音声」を活用できることをあげ、現在、デジタル教科書に課されている“紙の教科書と同一の内容でなければいけない”というルールに疑問を呈した。

    デジタル教科書を、まずは「主な教材」と位置づけ、その後、一定の移行期間を経たあとは「デジタル教科書のみとすべき」というところまで踏み込んだ。

    ■未来を担う人材の育成 気概持て

    経団連は、日本は他の先進国に比べて、学校教育でのデジタル活用が圧倒的に少ないことを示すデータを引用し、「旧態依然の教育が行われていることの証左」だと指摘した。

    その上で、「学校の教職員や教育委員会は、“未来の社会を支える人材を育成している”という気概を持つことが重要である」として、学校改革の重要性を強調した。
    https://www.news24.jp/articles/2020/11/22/06766967.html

    ★1 :2020/11/22(日) 20:46:19.33

    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1606045579/


    【【経団連】未来の人材育成のために……学校教育も変わるべき……】の続きを読む


    体罰(たいばつ)とは、私的に罰を科す目的で行われる身体への暴力行為である。 体罰は、父母や教員などが、子供や生徒などの管理責任の下にあると考えられる相手に対し、教育的な名目を持って、肉体的な苦痛を与える罰を加えることを指す。この場合の苦痛とは、叩くなどの直接的なものから、立たせたり座らせるなどして束
    49キロバイト (8,019 語) - 2020年11月7日 (土) 09:43



    (出典 www.futoukou-navi.com)


    どーなんでしょう
    程度の問題な気もするが

    1 ブギー ★ :2020/11/08(日) 19:14:59.25

    兵庫県宝塚市立長尾中学校の柔道部顧問が生徒2人に重軽傷を負わせた傷害事件について、神戸新聞社が兵庫県内外の約1500人にアンケートしたところ、傷害容疑で逮捕された教員(50)と世代が近い40、50代の4割前後が体罰を「必要」「程度や理由によっては必要」と答えた。校内暴力と体罰が社会問題化した1980~90年代に学生時代を過ごしており、体罰を受けた経験のある人ほど容認する傾向があった。世代間の意識の差が浮き彫りになった。(風斗雅博)
     アンケートは10月下旬、神戸新聞の双方向型報道「スクープラボ」や読者クラブ「ミントクラブ」を通じてインターネットで呼び掛け1486人が回答した。

     学校で教員の体罰が必要かどうかを尋ねると、全体の36%が「必要」「程度や理由によっては必要」と回答した。年代別では40代が34%、50代が44%、70代以上は47%が容認した。

     一方、若い人ほど「必要ではない」とする傾向にあり、10代は74%、20代は79%が否定した=表(1)。

     全体の半数が「教員から体罰を受けた」とした。

     年代別では50代が最多の66%で40代は62%。30代は44%になり若い人ほど減る傾向にあった。

     経験者の43%が体罰を容認しており、未経験者より15ポイント高い=表(2)。40代の経験者で容認したのは39%、50代では49%だった。

     教員から最もひどい体罰を受けたときの受け止めでは、全体の55%が「我慢するしかないと思った」とし、9%が「耐えられなかった」とした。一方で「悔しかったが当然と思った」は32%、「ありがたいと思った」も4%あり、約4割は体罰をした教員を肯定的に受け止めていた。

     ただ、親への質問で「子どもが教員から体罰を受けた」とした人は約2割いたが、うち教員の行為を肯定的に受け止めようとした人は24%にとどまり、わが子への体罰には抵抗感が強まる傾向が見られた。

     今回の事件では、宝塚市教育委員会が事件を把握後も刑事告発せず、被害届の提出についての判断を被害者家族に委ねていた。

     そこで、児童生徒に危害を加えるような体罰を学校や教委が把握したときに、警察に告発すべきかどうかを尋ねると、全体の73%が「告発すべき」とし「控えるべきだ」(10%)「分からない」(16%)を大きく上回った=表(3)。


    (出典 i.kobe-np.co.jp)


    (出典 i.kobe-np.co.jp)


    (出典 i.kobe-np.co.jp)


    https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202011/sp/0013848359.shtml
    ※前スレ

    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1604818640/


    【世代間で意識の差が……教員の体罰は必要か…??】の続きを読む

    このページのトップヘ