ししまるの部屋🐕

芸能やニュースに関する最新情報を 皆様にわかりやすく発信して いけたらなと思います( ・ㅂ・)و ̑̑

    カテゴリ: 未来


    預金(よきん、英: deposit)とは、金融機関に金銭を消費寄託(同種同量のものの返還を約してする寄託、期限の定めがない場合にいつでも返還を請求できる点で消費貸借と異なる)すること、または、寄託された金銭のこと。 寄託の態様によって、当座預金、普通預金、定期預金などがある。本質的には預金
    46キロバイト (7,638 語) - 2021年3月19日 (金) 13:37



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    なんとなく
    コワイイメージあるのかも

    1 ボラえもん ★ :2021/04/07(水) 22:19:27.06

    ----------
    現代の日本人の多くは、長引く日本経済の低成長、低金利、少子高齢化による年金構造の変化、老後2,000万円問題、
    終身雇用や年功序列給与制度の崩壊など、将来のお金について不安を抱えている。
    将来のお金の不安を解消するためにも、長期にわたる投資(=資産運用)が推奨されており、
    金融庁は株式や投資信託などによる資産運用に対して、「NISA」や「iDeCo」など税金優遇制度を新設することで投資を促している。

    しかし、そもそもの投資の必要性や手法・手段を理解できていないケースや投資はギャンブルといった固定観念、
    損はしたくないという元本保証志向により、多くの人が運用益のわずかな預金から前に進めていないのが現状だ。
    では、なぜ日本人は投資に進めず、そして、なぜ投資は必要なのか、本記事で解説する。
    ----------

    ■ゼロ金利でも増え続ける預金、預金が大好きな日本人
     まずは一般的な日本人の金融資産内訳を見てみよう。下記グラフは日銀から発表された日本の家計資産の統計調査結果である。

     内訳を見てみると、長引く超低金利下でも現金・預金の残高は増え続け、金融庁が提唱する「貯蓄から投資へ」によって、
    2,000万円必要と言われる老後の資金を確保していくという流れはなかなか進んでいないように見える。未だ、日本人は現金・預金信者である。

     また、世界と比較しても日本の現金・預金志向は際立っている。家計の金融資産構成に占める、預金・現金比率は54.2%と過半数を占め、
    米国・ユーロエリアと比較すると日本が一番高い。他国では投資信託や株式などによる資産運用が定着している一方で、なぜ日本には定着していないのか。
    欧米などと比較すると、日本は教育課程において、投資や資産運用を学ぶ機会がほとんどないことも要因の一つではあるが、日本の歴史にも大きな理由がある。

    (中略)

     バブル期の日本経済は、巨大なクリスマスツリーで有名な伝統あるNYのロックフェラーセンターを日本企業が買収したり、
    JR山手線内側の土地価格でアメリカ全土が買えると言われるほど、不動産価格は過熱し、天井知らずであった。

     筆者が社会人となったのがまさにこの頃であった。当時、定期預金金利は年4-5%などが普通で、100万円預ければ1年間に4~5万円の利子が付く時代。

     新入社員の頃より、定期預金に加えて、将来に備え、毎月一定金額が給与天引きされ、
    税制優遇と会社から利子補助が出る財形貯蓄に加入するケースが多かった。預金や財形貯蓄で十分な資産形成ができた時代である。

     また、バブルで給料や不動産、株価は右肩上がりの時代。
    恩恵を受けるためにも、毎月一定額の自社株を購入すると会社から補助金が出る持株会や値上がり益を目的とした株式投資を始める人も多く、
    人によっては投資用マンションなど、ローンを組んで投資する人もいた。

     こうした株式投資や投資信託、不動産投資などでリターンを得た人も多く、好景気により給料やボーナスは増額した。
    また、年金もしっかりともらえる時代であり、老後資金などに対して、不安を感じる人は少なかったと思う。

    (中略)

    ■お金が増えない時代に必要な3つの対策
     では、資産形成において、今の時代、投資以外で資産を増やすことはできないのか? 確認してみよう。
    まずは、安全資産といわれている日本国債先物(10年)の金利を見てみる。ここ最近はゼロどころかほぼマイナス近辺であり、資産運用には適さない。

     また、定期預金金利が高いといわれるネット銀行を見ても、筆者が確認したところ高くても5年定期で年0.3%程度である。
    (2021年2月15日現在)つまり、現在では国債や預金などの元本保証型の資産運用ではほとんどリターンを受けることができない状況だ。

     戦後以降、日本の歴史を振り返ると、今まで個人は投資を行わずとも、日本経済成長の波に乗り、年金の不安もなく、比較的安定した老後を過ごすことができた。

     しかし、今の時代では、貯蓄を行うだけでは資産はほとんど増えず、かといって年金もかなり不安な状況であることをご理解いただけたかと思う。
    よって、個人が金融リテラシーを高め、適切な投資を行い、自分自身で資産形成を行う必要があるのだ。

    (全文はソースにて)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b86c40f7e3860f1399b5507597302b87092e433f?page=1

    ★1が立った時間:2021/04/07(水) 20:01:16.89
    ※前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1617793276/


    【預金大好き日本人!!なぜ投資に進めないのか……………】の続きを読む


    高齢者専用賃貸住宅 高齢者向け優良賃貸住宅 バリアフリー住宅 モビリティーハウス 長期優良住宅 スケルトン・インフィル住宅 改良住宅 仮設住宅 炭鉱住宅 賃貸住宅 文化住宅 米軍住宅 電脳住宅 同和住宅 雇用促進住宅 東雲住宅 家庭の電化 - オール電化住宅 環境共生住宅 高層住宅/マンション管理業協会
    24キロバイト (3,505 語) - 2020年10月21日 (水) 14:28



    (出典 homes-cont.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com)


    う~ん
    持ち家もいいが賃貸も楽なような

    1 ひぃぃ ★ :2020/11/22(日) 01:57:54.66

    住居を選ぶ際、将来的に「持ち家か賃貸か」で悩む人は多いだろう。大学進学や就職などの一人暮らしをする際は賃貸を選んでも、結婚や出産を機に持ち家を購入する人は多い。

    キャリコネニュース読者からは、

     「賃貸は家賃がムダ」(東京都/50代男性)
     「一生家賃を払い続けるのもリスクが高いと思う」(静岡県/30代男性)
     「持ち家は売れない」(大阪府/40代男性)
     「いずれ空き家が増えてくる」(東京都/50代女性)

    と「持ち家派」「賃貸派」それぞれの声が寄せられている。(文:コティマム)

    ■賃貸は老後が心配「老人はなかなか入居できなくなると思う」

    まずは「持ち家は必要」と考える人の声を紹介する。

     「家賃よりローン支払いの方が安い。持ち家なら子どもが騒いでも傷つけても気にしなくていい」(岩手県/20代女性)
     「自分の理想の間取りに住みたい。老後に車椅子が必要になれば、賃貸でない方が良い」(大阪府/50代女性)

    持ち家であれば、部屋が汚れても壊れたとしても賃貸のように家主に気を遣う必要がない。またライフスタイルに合わせてのリフォームなども自由にできる。生活空間を快適に保つ上で縛りがないというのがメリットだろう。

    また「持ち家派」は、賃貸の場合の将来を心配している。

     「今みたいにコロナがはやって収入が減ると、家賃は払えない」(愛媛県/60代男性)
     「老後は家賃負担だけでも大変になるし、老人はなかなか賃貸に入居できなくなると思う。自宅を持っていれば安心」(東京都/60代男性)

    新型コロナウイルスでは、さまざまな業界が経済的なダメージを負っている。このような大規模な不況が起きた際、収入が減れば家賃を一生払い続けるのは難しい。また老後に年金収入となった場合も家賃は負担になる。

    さらに年齢によっては新たな賃貸物件へ入ることが難しくなる可能性もある。こうした将来のリスクから、持ち家があるということは安心感につながるようだ。

    ■世の中が大きく変化している時代だからこそ

    では、「賃貸派」はどうだろう。

     「ライフスタイルの変化によって変えられるから」(秋田県/40代男性)
     「相続する家族等がいれば持ち家が良いが、独りで暮らしていくつもりの人間には必要ないと考える。また隣近所と上手くやっていけない場合、賃貸であれば気軽に転居できるが、持ち家だと転居もなかなかできない」(神奈川県/60代男性)

    賃貸の場合、持ち家のように部屋を自由にアレンジすることはできないが、ライフスタイルの変化によってそもそもの棲み家を変えることができる。ご近所や子どもの学校関連のトラブルがあった場合も、引っ越しをすぐに検討することもできる。この身軽さは、賃貸の魅力かもしれない。

    また今後の世の中の流れを考えると、「持ち家」にこだわらなくてもいいと考えている人もいる。

     「世の中が早いスピードで大きく転換していく時代に、固定資産があると人生の転機に対する変化への対応が遅くなる。具体的には、転居、転職、働き方の変化、ライフステージの変化など」(東京都/30代女性)
     「災害が多いし、人口減少で住宅や土地の相対的価値は徐々に下落すると思う」(京都府/30代女性)

    「結婚し子どもを産み、大黒柱が稼いでマイホームを建てる」というのは、これまでの日本では当たり前に見られてきた光景だ。しかし共働きや非正規雇用も増え、未婚率も上がり、人口も減少している現在、これまでのスタンダードに当てはまらない人々もたくさんいる。空き家が増え、残った持ち家が「負動産」となり処分に困っている人も多い。

    「持ち家」か「賃貸」か。どちらが正しいという答えはないが、それぞれのライフスタイルや将来に合わせて住みやすい環境を選びたいものだ。

    2020年11月21日 14時0分 キャリコネニュース
    https://news.livedoor.com/article/detail/19258436/

    画像

    (出典 image.news.livedoor.com)


    ★1:2020/11/21(土) 20:20:20.23
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1605970173/


    【将来的にどっちが安心!?『持ち家派』VS『賃貸派』】の続きを読む


    ウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世(William Henry "Bill" Gates III、1955年10月28日 - )は、アメリカ合衆国の実業家、慈善活動家、技術者、プログラマ、作家、教育者。 マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ
    43キロバイト (5,620 語) - 2020年11月18日 (水) 11:16



    (出典 assets.bwbx.io)


    先の事はわからん
    ワクチンもどーなることやら

    1 影のたけし軍団 ★ :2020/11/20(金) 21:56:20.72

    この半年間に新型コロナの悪いニュースが世界を待っている=ビル・ゲイツ氏


    マイクロソフト社の創設者で慈善基金の共同代表であるビル・ゲイツ氏は、
    この半年間に新型コロナウイルスに関するさらに悪いニュースが流れると強調した。

    サイト「デイリー・ビースト」が報じた。

    ゲイツ氏は、「寒い冬、私たちはより多くの時間を室内で過ごすことから、ウイルスは急速に拡大する。
    これは非常によくないことだ。さらに、たとえば、友人と会う機会が減るなど、人々がしなければならない一連の事が
    ますます困難になることから、一定の疲労が蓄積されることになる」と語った。

    ゲイツ氏は、今後6ヶ月から8ヶ月の間に流れるニュースは基本的に悪い内容となると確信する。

    同氏によれば、その後、ワクチンの生産量が増加され、「トンネルの先に光が見えてくる」という。

    またゲイツ氏は、人間にマイクロチップを埋め込むためにパンデミックを利用するという陰謀論をあらためて否定した。
    https://jp.sputniknews.com/covid-19/202011207956148/


    (出典 news.kodansha.co.jp)


    【【悲報】ビル・ゲイツ氏 これからの世界を予測するが……】の続きを読む


    田中が生まれた時には尾崎紅葉、西郷頼母、滝廉太郎、マーガレット・アン・ネーヴらが存命していた。 1903年(明治36年)1月2日、福岡県糟屋郡和白村(現在の福岡市東区和白)の農家に9人兄弟の三女(第7)として誕生。田中
    16キロバイト (2,218 語) - 2020年9月19日 (土) 07:18



    (出典 akasann.biz)


    すうごいねー
    いつまでも長生きで

    1 首都圏の虎 ★ :2020/09/19(土) 16:38:55.13

    ギネス世界記録で世界最高齢に認定されている福岡市の田中カ子さんが19日で117歳261日になり、国内の歴代最高齢の記録を更新しました。

    福岡市の田中カ子さんは明治36年1月2日生まれで、19日で117歳261日になります。

    厚生労働省によりますと、現在確認できる国内の歴代最高齢で、おととし亡くなった鹿児島県の田島ナビさんの記録を更新したということです。

    福岡市内の高齢者施設で暮らす田中さんのもとには、19日午前、施設の職員を通じて福岡県の小川知事から祝い状と福岡県の伝統工芸、久留米かすりのひざかけが贈られました。

    田中さんはひざかけを広げて好物の炭酸飲料を飲み、カメラに向かってピースサインやバンザイをしたり炭坑節を踊ったりして、元気な様子を見せていました。

    田中さんは去年3月には「存命中の世界最高齢」としてギネス世界記録に認定されています。

    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200919/k10012626771000.html

    (出典 www3.nhk.or.jp)


    【【超長寿】田中力子さん117歳261日 国内の‟歴代最高齢記録”更新!!】の続きを読む


    【地獄】起こりえる!?『預金封鎖』の可能性………

    前科あったのか
    そーなったらまじ焦る

    NO.8816120 2020/09/03 08:37
    銀行でお金が下ろせなくなる?日本を襲う「預金封鎖」の可能性
    銀行でお金が下ろせなくなる?日本を襲う「預金封鎖」の可能性
    2021年○月×日、月曜日の午前8時。

    テレビで臨時ニュースが流れる。

    「ただいまより金融機関の全預金を封鎖します」官房長官の口から出た、まさかの通告。

    以降、ATMでの現金引き出しはもちろん、ネットバンキングにもログインできない預金封鎖が始まった。

    コロナ禍で、不況にあえぐ日本経済。

    だが、さらなる地獄がこの先、待っているとしたら……。

    経済誌記者が、こんな危機感をあらわにする。

    「預金封鎖と聞けば、一時的に預金が下ろせなくなると思われがちですが、それだけではない。たとえば、預金をはじめとした国民のあらゆる財産に、強制的に課税。封鎖の解除後は預金の大半が目減りしていた、なんてこともありえます」

    つまり庶民の虎の子が、突然、政府に“没収”されてしまうかもしれないのだ。

    実際、1946年(昭和21年)2月16日、戦後の混乱期に、日本政府は預金封鎖を実施した前科がある。

    「戦時中、政府は軍事費を補填するため、国民に国債を買わせ続けました。その結果、政府の借金がGDP比で260%に到達。戦後まもなく、政府は財政赤字を解消するため、預金封鎖をはじめとする金融緊急措置令を制定し、実施。預金を封鎖したのは国民の財産を押さえるためで、そこに最大90%の財産税をかけています」(前同)

    戦後の話、と侮ることなかれ。

    「現在の日本は、74年前と同じ預金封鎖が起こりうる状況」と指摘するのは、フィナンシャルプランナーで金融アナリストでもあるナカモトヤスシ氏だ。



    【日時】2020年09月02日 06:00
    【ソース】日刊大衆


    【【地獄】起こりえる!?『預金封鎖』の可能性………】の続きを読む

    このページのトップヘ